ジェノ ブーランジェール コルトン シャルルマーニュ 出荷 グラン 750ml 2017 クリュ ジェノ ブーランジェール コルトン シャルルマーニュ 出荷 グラン 750ml 2017 クリュ 14278円 ジェノ・ブーランジェール コルトン・シャルルマーニュ グラン・クリュ [2017]750ml ビール・洋酒 ワイン 白ワイン /bark212179.html,www.destatemuseums.org,[2017]750ml,ビール・洋酒 , ワイン , 白ワイン,コルトン・シャルルマーニュ,グラン・クリュ,14278円,ジェノ・ブーランジェール 14278円 ジェノ・ブーランジェール コルトン・シャルルマーニュ グラン・クリュ [2017]750ml ビール・洋酒 ワイン 白ワイン /bark212179.html,www.destatemuseums.org,[2017]750ml,ビール・洋酒 , ワイン , 白ワイン,コルトン・シャルルマーニュ,グラン・クリュ,14278円,ジェノ・ブーランジェール

ジェノ ブーランジェール コルトン シャルルマーニュ 出荷 グラン 750ml 2017 クリュ 定価の67%OFF

ジェノ・ブーランジェール コルトン・シャルルマーニュ グラン・クリュ [2017]750ml

14278円

ジェノ・ブーランジェール コルトン・シャルルマーニュ グラン・クリュ [2017]750ml



Genot Boulanger Corton-Charlemagne Grand Cru 2017

太陽を浴びたシャルドネが、ネクタリンとアプリコット、甘いスパイスの混じるヴォリュームたっぷりの香りを醸し出す。口に含むと濃縮感があり、しっかりとしたマチエールがある。ジンジャー、ピーチ、スパイスのアロマの後、スモーキーな余韻が広がる。

1940年植樹。区画はLe Charlemagne。 樽熟成12ヶ月+イノックスタンク6ヶ月。ヴォリューム感たっぷり。

◆ワインレポート試飲記事より◆
ブルゴーニュで久しぶりの発見、ドメーヌ・ジェノ・ブランジェール

2020/08/03試飲

ブルゴーニュには、思いがけない発見がある。ネゴシアンにブドウを売っていたドメーヌが、世代交替して、驚くような品質のワインを造ることがあるのだ。

ムルソーに居を構える「ドメーヌ・ジェノ・ブランジェール」(Domaine Genot-Boulanger)の歴史はそれほど長くない。パリで薬局を営んでいた、シャルル・アンリ・ジェノとマリー・ブーランジェール夫妻が1974年に移住。メルキュレに畑を購入し、コート・シャロネーズ、コート・ド・ニュイ、コート・ド・ボーヌまで30アペラシオンに22haの畑を所有するまでに拡大した。

婿入りしたギョーム・ラヴォレが2008年、4代目当主になり、ネゴス販売から自家元詰にかじを切り、一気に品質が向上した。ビオディナミを導入し、2018年にはAB(アグリキュルチュール・ビオロジック)の認証を取得。醸造はブドウにストレスを与えないハンズオフのアプローチだ。「テロワールを素直に表現する、バランスのとれた純粋なワイン。若くても楽しめ、十分に熟成するポテンシャルを持つワインを目指している」という。

ドメーヌを日本に紹介したのは、6月に祖父グロフィエを亡くしたニコラ・グロフィエ。品質が高いので、強く推薦してきたという。エティエンヌ・ソゼのブノワ・リフォー、ジャン・ニコラ・メオ、ダヴィド・デュバンらと交流がある。

フランスでは既にトップドメーヌと見なされている。パリの3つ星「Kei」「ピエール・ガニェール」「ギィ・サヴォワ」、2つ星「アストランス」「ミシェル・ロスタン」らがオンリストしている。遅ればせながら、日本に入ってくるのは朗報だ。白と赤5銘柄を試飲した。

白ワインは全房圧搾し、野生酵母で発酵する。プレモックス(熟成前酸化)を避けるため、バトナージュはしない。20%新樽で12か月間の樽熟成後に、ステンレスタンクで6か月間の熟成。

「ドメーヌ・ジェノ・ブランジェール ボーヌ・ブラン アン・リュリュンヌ 2017」
(Domaine Genot-Boulanger Beaune Blanc En Lulunne 2017)はポマールとの境界にある南向き斜面の上部。0.24ha。スイカズラ、白桃のコンポート、赤いリンゴ、まろやかなテクスチャー、下半身の安定したストラクチャーと丸い果実のバランスが極めてボーヌ的。塩味とほろ苦さの交じる繊細な味わい、標高の高さからくるリニアなフィニッシュ。5200円はうれしい。91点。

「ドメーヌ・ジェノ・ブランジェール ムルソー・レ・メシャヴォ 2017」
(Domaine Genot-Boulanger Meursault Les Meix Chavaux 2017)はオーセイ・デュレスとの境界にある斜面の中腹の0.5ha。北東向きの表土が薄く、石の多い粘土石灰岩土壌。レモンオイル、白桃、丸い石、スリムで繊細だが、ほのかなヴァニラが厚みを与えている。カシューナッツ、潮の飛沫、オーセイ・デュレスからの冷気の影響を受けて、緊張感をはらんでいる。活力のあるフィニッシュ。同じ区画で造るルーロにひけをとらないフィネスと透明感があるが、価格ははるかに安い。9000円。92点。

赤ワインは年によって全房発酵を用いる。ステレンスタンクで野生酵母により3週間前後発酵。抽出は穏やかで、ピジャージュの回数は少なめ。20%新樽で12か月間の樽熟成後に、ステンレスタンクで6か月間の熟成。

「ドメーヌ・ジェノ・ブランジェール ヴォルネイ・ヴィエイユ・ヴィーニュ 2017」
(Domaine Genot-Boulanger Volnay Vieilles Vignes 2017)は1950年に植えたLes Echardsを含む4区画1.28haのブレンド。スミレ、ラズベリー、野いちご、ビロードのようなテクスチャー、しなやかなタンニン、太い果実のあるフルボディ。表現力があり、豊かなエネルギーが詰まっている。アーシーなフィニッシュ。7300円。91点。

「ドメーヌ・ジェノ・ブランジェール シャンボル・ミュジニー 2017」
(Domaine Genot-Boulanger Chambolle-Musigny 2017)はD974に接する斜面下部のLes Nazoires とLes Mombiesの0.76haから。フローラルで、ラベンダー、クランベリー、ラズベリー、丸い石、シルキーで、熟度が高く、ふくらみのある味わい、チョーキーな酸が引き締めているミディアムボディ。タイトだが、空気にふれて広がる。ミネラル感がフィニッシュに反響する。9700円。91点。

「ドメーヌ・ジェノ・ブランジェール ボーヌ・プルミエクリュ・レ・グレーヴ 2017」
(Domaine Genot-Boulanger Beaune 1er Cru Les Greves 2017)は説明不要のボーヌのトップ・プルミエクリュ。南東向きの斜面中腹の砂と石交じりの粘土石灰岩土壌。1960-80年に植えた。1.04ha。ボーヌらしいストラクチャーのあるフルボディ。ダークラズベリー、野いちご、きめ細かなタンニン、シルキーで、抜けが良い。豊かさと深みがあり、長期熟成するのは間違いない。滋味を帯びた長いフィニッシュ。数あるボーヌ・グレーヴの中でも上位グループに入る。9700円。93点。

ポートフォリオには、クロ・ド・ヴージョやコルトン・シャルルマーニュのほか、ピュリニー・モンラッシェのプルミエクリュも含まれる。よくもこんな造り手が埋もれていたものだ。価格が控えめなのもうれしい。久しぶりにワクワクさせられたドメーヌだ。

輸入元はラック・コーポレーション。

ジェノ・ブーランジェール コルトン・シャルルマーニュ グラン・クリュ [2017]750ml

ページの先頭です。 メインメニューへ移動 コロナ新着情報・その他新着情報へ移動 フッターへ移動

緊急事態宣言発出中(8月2日~9月30日)

 

・ワクチン接種に関する問合せ:0120-201-178
※お掛け間違いにより、一般の方へご迷惑をおかけする事象が発生しております。お電話いただく際には、電話番号をよくお確かめのうえ、お掛け間違いのないようお願いいたします。

・ワクチン接種の予約方法
 


(がいこくじん の かたへ)新型(しんがた)コロナウイルス・ワクチンについて

 

2030年までに市民満足度90%以上を目指す「さいたま市CS90+運動」に取り組んでいます。

さいたま市はバスケットボールとサッカーの開催都市です。さいたま市のオリンピック関連情報を掲載しています。

日本有数の人形産地として知られるさいたま市岩槻区に、人形をテーマとした日本初の公立博物館が2020年2月22日オープンしました。

東日本各地域の「ヒト・モノ・情報」を集積し、交流・発信・活性化を促す地方創生の場として「まるまるひがしにほん」がオープンしました。

市民サービスの向上やコストの削減、新たな歳入の確保を図るため、官と民の連携、協働による公民連携に取り組んでいます。

さいたま市教育委員会は、「PLAN THE NEXT 3つのGで日本一の教育都市へ」という考え方を掲げ、様々な教育施策を展開しています。

さいたま市では、市民生活の質の向上と脱炭素社会の実現に向け、次世代自動車の普及や新たなサービスを創出するスマートシティの取組を推進しています。

さいたま市のシティセールスの取り組みについてお知らせします。

さいたま市の魅力や見どころ、取り組みを紹介する映像を制作しています。ぜひ、ご覧ください。

さいたま市が報道機関に発表した資料を掲載しています。

鉄道博物館 サクラソウ自生地 大宮の盆栽 浦和のうなぎ さいたまスーパーアリーナ 「さいたま新都心」 大宮公園 大宮アルディージャ 見沼田んぼ 見沼通船堀 浦和レッドダイヤモンズ 岩槻の人形


ページの先頭に戻る