骨董品買取ナビ

碁盤は売れる?価値や買取相場、鑑定ポイントも解説(画像あり)

碁盤は売れる?価値や買取相場、鑑定ポイントも解説(画像あり)
碁盤は売れる?価値や買取相場、鑑定ポイントも解説(画像あり)

碁盤とは「碁の際に使用する板」のことです。実は碁盤は骨董品・工芸品として価値が付く品も多く存在し、高額なものは数十万円~数百万円で取引されることもある程です

現に、テレビ番組なんでも鑑定団では「宮崎県日向で採れた榧で出来た碁盤」に480万円の鑑定価格が付いていますし、江戸時代の古い碁盤に50万円という鑑定価格が付いた回もあります。

ただ、碁盤の「素材」や「作家」など複雑な鑑定ポイントもありますので、このページでは碁盤の買取相場や鑑定価値、高く売れる碁盤の特徴や鑑定ポイントなども分かりやすく解説していきます。

ここがポイント!

碁盤の鑑定ポイントは複雑かつ多岐に渡り、素人目では見誤ってしまう可能性が非常に高いです!

そのため、このページで得た情報と並行して「骨董品買取業者の無料メール査定」などできちんと正しい価値を確認しておくことをおすすめします。

当サイトでもおすすめしている骨董品買取業者「福ちゃん」と「日晃堂」であれば完全無料で相談・査定を受け付けているので、価値が気になる碁盤があればまず相談する事をおすすめします!

  • 福ちゃん

    総合買取業者でありながら骨董品買取の専門性が非常に高い大手買取業者。買取価格・スタッフ対応・サービス内容全てにおいて最高水準な文句なしのおすすめ買取業者です。

  • 日晃堂

    美術史に関して研究していたほど造詣が深い方が社長を務めている事もあり骨董品に関する取り扱いが非常に優れており、骨董品に関する買取価格は福ちゃんに勝るとも劣らない程です。

古道具の「碁盤」について

碁盤について買取価格・価値は高いの?

碁盤は囲碁に使う板のことですが、板の厚みも様々あって、近年ではテーブルの上でも打てる薄型のものも登場しています。

ただ、前述したように碁盤の鑑定ポイントは多岐に渡るので、まずは「骨董品買取で比較的取引されやすい碁盤」を写真一覧で紹介していきます。

  • 脚付き盤
    脚付き盤
  • 卓上盤
    卓上盤
  • 本榧碁盤
    本榧碁盤
  • ヒバ製碁盤
    ヒバ製碁盤
  • 王位戦使用盤
    棋士使用盤
  • 作家物
    作家物

高く売れる碁盤ってどんな碁盤?

骨董品買取で高く売れやすい碁盤は、上記のどれかの基準を満たしたものが多いです。

というのも、碁盤の鑑定で大切なポイントは「木材」「厚み」「作家物」など複数が存在し、高価買取に至る理由も「高級木材を使用している」「貴重な作家物」「プロ棋士が対戦で使用し、記念品としての意味合いが強いもの」など様々だからです。

ここが注意点!

素人が「あまり価値がなさそう」と感じた碁盤であっても、処分してしまう前に一度は専門家へ相談しておくことをおすすめします。

特に碁盤の材質に関してはなかなか素人では見分けが付きにくく、100%自己判断で鑑定してしまうと価値を見誤ってしまう可能性が高いです。

こうした高級木材を使った碁盤は、特段作家物などでなくても高額で売れますので、例え無価値な碁盤に見えても、専門家が視れば高く売れるものだったという可能性もあります!

確かに、100万円以上で売れるような貴重な碁盤になると滅多に見つかるものではありませんが、例えば数万円単位で売れるような碁盤であれば、一般家庭から見つかる可能性も十分にあり得ます!

碁を嗜んでいる方でない限り、日常生活ではなかなか使う機会がない碁盤ではありますが、価値ある中古品は市場での需要も高いです。

そのため、価値の分からない碁盤を見つけた場合はまず専門業者による無料相談や無料査定を活用し、買取価格を確認することをおすすめします。

では、「高く売れる碁盤の鑑定ポイント」も踏まえつつ、具体的にどういう碁盤がどれほどの買取価格になるのかも続けて紹介していきます。

碁盤の買取相場と価値について

ここでは、碁盤の買取事例として概要と相場をまとめて解説していきます。

本榧碁盤

有田焼碁盤 酒井田柿右衛門作
買取相場
3万円~10万円
木材
榧(カヤ)
状態
良好
碁盤の種類
本榧碁盤(脚付き盤)

高く売れる碁盤で有名な種類として、「榧(カヤ)」という木材が使われた碁盤があります。特に宮崎県の日向で取れる「日向榧」は最高級品として知られ、各種タイトル戦にも使用されるランクの高い碁盤です。

基本的に、素材に「本榧」が使われている碁盤は買取価格が付きやすく、厚みや切り出し方にもよりますが、およそ3~10万円前後までの買取価格も期待できます。

柾目碁盤

柾目碁盤
買取相場
2万円~7万円
木材
榧、新榧などの無垢材
サイズ
様々
碁盤の種類
脚付き盤・卓上盤など

碁盤に使われる木材の切り出し方には「柾目」と「板目」があり、価値が高いのは「柾目」にて作られた碁盤です。本榧製の場合、買取相場としては2~7万円前後が期待できます。

柾目とは、天板に写る年輪が平行に並ぶ切り方で、経年による反りや狂いが生じにくく、長く使えます。また、柾目の碁盤の中でも、目が緻密で真っすぐなものが良品とされています。

ただ、柾目は木材の半径からしか取れないので、樹齢が高く、大きく育った木でないと取ることが出来ません。ゆえに希少価値があり、高価買取が期待できます。

「板目」とは天面に写る年輪が山形になっているもので、木の直径から切り出すことが出来るため、樹齢が若い木からでも取ることが出来ます。

柾目に比べると経年の反りや狂いが生じやすいのですが、碁盤に加工する前に十分乾燥させることでそうしたトラブルも防ぐことが出来るので、実用性は十分です。

脚付き盤

脚付き盤
買取相場
3万円~10万円
木材
状態
良好
碁盤の種類
本榧碁盤(脚付き盤)

碁盤の形状には「脚付き盤」と「卓上盤」の2種類があり、高価買取が期待できるのは「脚付き盤」です。

理由としては脚付き盤の方が厚みがあり、使われている木材の量が多いためです。榧などの高級木材をふんだんに使用していると元々の値段もかなり高額になりますので、こうした碁盤は中古品としても需要があり、買取価格は高くなりやすいです。

こちらは素材に本榧が使われている脚付き碁盤で、こちらも買取相場としてはおよそ3~10万円前後が期待できる品です。

卓上碁盤

卓上碁盤
買取相場
5000円~3万円
木材
状態
良好
碁盤の種類
卓上碁盤

卓上碁盤(卓上盤)とは、テーブルやこたつの上でも碁が打てるように作られた碁盤で、平板に碁の升目が描かれています。

脚付き盤と比べると使用される木材の量がかなり少なくなるため、買取相場としては高額になるケースは少ないものの、材料に「本榧」が使われたものだと売れる場合があります

買取相場は状態や厚みによっても変わりますが、およそ5000円~3万円前後の買取価格までが期待できます。

また、卓上盤の場合は「一枚板」と、複数枚の材料を接合した「接ぎ盤」がありますが、樹齢が高い大木でないと「一枚板・柾目」のものは作ることが出来ず、こうした品の希少価値は高く、買取価格にも期待が持てます。

タイトル戦使用碁盤

タイトル戦使用碁盤
買取相場
25万~30万円
作家
不明
状態
難有
碁盤の種類
脚付き柾目碁盤

碁盤の中にはタイトル戦などの有名な試合で使われたものがあり、そうした碁盤は記念として、裏側に棋士がサイン(揮毫)を書き込みます。これらの碁盤は「タイトル戦使用碁盤」や「揮毫入り碁盤」と呼ばれることが多いです。

こうした碁盤はコレクターアイテムとしても希少価値があり、内容にもよりますが数十万円~100万円近い買取価格が付くことも珍しくありません。また、タイトル戦などに使用される碁盤は「本榧」「柾目」などの最高級品が使われますので、碁盤自体の価値も高いです。

こちらは「瀬越憲作」「岩本薫」「橋本宇太郎」のサイン(揮毫)が入った碁盤で、経年劣化により状態はあまり良くないのですが、買取相場としては25~30万円前後までも期待できる品です。

作家物

作家物
買取相場
40万~350万円
作家
平井芳松
状態
良好
碁盤の種類
脚付き柾目碁盤

碁盤の中には「作家物」として高い価値が付くものも存在します。

こちらは平井芳松という作家が手掛けた本榧・柾目の碁盤で、買取相場としては40万円~50万円前後が期待できる高級品です。

碁盤の作家銘は「碁盤の裏」もしくは画像のような「碁盤の脚を外したところ」に書かれていることが多いです。ただ、脚を無理に外そうとすると破損の原因にもなりますので、もし確認できなければそのまま査定員に任せることをおすすめします。

碁盤の作家については、後述でも詳しく紹介していきます。

高く売れる碁盤の特徴と作家情報

高く売れる碁盤の特徴と作家情報

高く売れる碁盤は上記で紹介したように色々とありますが、ここでは高価買取が期待できる「有名な碁盤作家」について紹介していきます。

こちらで紹介している作家に該当する碁盤をお持ちであれば複数の買取業者に相見積もりをとってから売る事をおすすめします!

内山茂吉

内山茂吉

「内山茂吉」とは大正時代に活躍していた碁盤作家で、タイトル戦にも用いられる程、質の高い碁盤作りで知られます。

昔に活躍した作家ではありますが、現在も僅かながら作品が残されていて、修繕・修復を繰り返しながら大切に使われています。

古い品が多いので買取相場は状態によっても大きく変わりますが、状態良く残っていればおよそ20万円前後の買取価格までも期待できる場合があります。

内山茂吉の碁盤買取相場例
品物情報 買取相場
内山茂吉作 宮崎県日向榧使用 脚付き碁盤(修繕有) 15万円
内山茂吉作 板目脚付き碁盤(劣化有・修繕無) 15000円~3万円

平井芳松

平井芳松

こちらの碁盤は「平井芳松」という作家が作った碁盤で、買取相場としてはおよそ20万円~40万円前後が期待できます。

平井芳松とは店を持たない流れの碁盤職人で、特に手の込んだ組み立て式の猫足碁盤を得意とし、日本棋院にも芳松の碁盤が保管されています。

もちろん買取相場は品や状態によっても大きく異なりますが、状態が良ければ数十万円単位の買取価格になることも珍しくありません

品物情報 買取相場
平井芳松作 本榧柾目脚付き碁盤/棋士サイン入 150万円
平井芳松作 本榧柾目脚付き碁盤 12万円
平井芳松作 本榧柾目脚付き碁盤 35万円

鬼頭徳吉

鬼頭徳吉

「鬼頭徳吉」とは丸八碁盤店の初代店主として活躍していた作家です。2代目「鬼頭淳夫」も碁盤師として活躍し、昭和・平成の名工として有名な作家でした。現在も丸八碁盤店は存在し、次男の鬼頭徳治郎が店主として活躍されています。

買取相場はこちらも状態により様々ですが、買取相場としてはおよそ5000円~3万円前後までが期待できます。本榧で柾目、板の厚みがしっかりと有り状態の良い品には高い買取価格が付きやすいです。

品物情報 買取相場
鬼頭徳吉作 日向産本榧使用 脚付き碁盤 35000円
鬼頭徳吉作 天地柾目 脚付き碁盤 55000円
鬼頭徳吉作 板目脚付き碁盤 22000円

ただ、碁盤の価値は「作家物」というだけで判断されるのではなく、木材の種類や厚み、切り出し方などによっても大きく変わります

けれども「ある程度名の知れた作家物」になってくると、やはり碁盤自体の質も良く、細部にまでこだわりを感じる作品が多いです。ゆえに中古市場でも安定して需要が高く、買取相場も高額になりやすいです。

ですが、作家物の碁盤といっても価値はピンキリですし、もちろん作家物でなくても高価買取が期待できる碁盤は多く存在するので、価値が高そうな碁盤を見つけたら、まずは骨董品買取業者に査定依頼してみる事をおすすめします!

ここが注意点!

作家物の碁盤であることが分かっていたとしても、状態や使用した木材によっては絶対に高く売れるわけではありません。

逆に、作家物でなくても高く売れる碁盤も非常に多いので、碁盤の価値・買取価格が気になる場合は、まずは骨董品買取業者の無料査定を活用して価値を判断することをおすすめします。

碁盤を高く売る為のコツと注意点

碁盤について買取価格・価値は高いの?

碁盤を高く売るための最良のコツとしては、やはり碁盤の相場をある程度把握しておくことが一番良い方法になります。

相場さえしっかり把握できていれば、例えばヤフオクやメルカリなどで売るにしても、好みの買取業者へ依頼するにしても、不当に安く売ってしまって損するケースは避けられます。

ただ、碁盤の価値を見極めるのはかなり難しく、素人目ではそもそも木材の種類を特定する事すら困難です。さらに作家や状態によっても買取価格は大きく異なりますので、やはり正しく価値を見極めるのは専門家でなければ不可能です。

そのため、素人でも簡単に碁盤の買取相場を把握する方法としては、まず2社以上の骨董品買取業者に相見積もりを依頼し、買取相場と作家作品かどうかを把握する方法をおすすめしています。

複数の業者へ依頼することで素人でも大体の買取相場を把握できますし、実際に買取に出す際も、一番高く売れる買取業者が簡単に分かります。

問い合わせ内容は使い回しできるので手軽ですし、専門家からどういう作品なのかも教えてもらえるのでとてもおすすめです!

ここが注意点!

相見積もりを取る際の注意点ですが「怪しい買取業者へ依頼するのはやめておく」という点が大切です。もし悪質な買取業者に当たってしまった場合、どんな価値ある品でもガラクタ扱いしてタダ同然の値段で買取しようとしてきます。そもそもの鑑定眼があるかも不明ですし、言いくるめられて安い値段で手放してしまう可能性もあります。

碁盤の鑑定・売却のおすすめ業者は?

碁盤について買取価格・価値は高いの?

碁を嗜んでいる方でない限り、日常生活ではなかなか使う機会がない碁盤ですが、「良い木材が使われている」「貴重な作家物」などの理由で高額が付く品も多く、最高級品になると数百万円単位での取引も当たり前になってくる分野です。

もちろん、そこまで高額な買取価格が付く碁盤は稀ではありますが、数万円単位で売れるような碁盤なら普通の家庭に眠っている可能性も十分にあり、「家の整理で出てきた昔の碁盤」に数万円~数十万円の買取価格が付くような話も珍しくありません

一見「ただ古いだけに見える碁盤」であっても、実はその碁盤も高額な買取価格が付くような品かも知れません。

本来の価値を知らないまま処分してしまったり、本当は高く売れる碁盤だったのに知らずに捨ててしまっては非常に勿体ないので、価値が知りたい碁盤があれば、まずは当サイトでもおすすめの骨董品買取業者「福ちゃん」か「日晃堂」に無料相談してみることをおすすめします!

  • 福ちゃん

    総合買取業者でありながら骨董品買取の専門性が非常に高い大手買取業者。買取価格・スタッフ対応・サービス内容全てにおいて最高水準な文句なしのおすすめ買取業者です。

  • 日晃堂

    美術史に関して研究していたほど造詣が深い方が社長を務めている事もあり骨董品に関する取り扱いが非常に優れており、骨董品に関する買取価格は福ちゃんに勝るとも劣らない程です。

碁盤の買取をしている業者は色々とありますが、こちらの二社を特におすすめしている理由は「買取価格・鑑定力・専門性・サービス対応」など骨董品買取に関する実績が特に優れていたからです。

特に、福ちゃんは焼物やアンティークにも精通している中尾彬さんと池波志乃さんがご夫婦でイメージキャラクターとして起用し、テレビCMなどのメディア展開、200万点をこえる買取実績数など、大手買取業者として信頼できるので、茶碗の買取で悩んでいれば福ちゃんに相談すれば間違いありません!

福ちゃんのおすすめポイントまとめ

  • 骨董品買取でも経験豊富な査定士が在籍
  • 骨董品買取サービスは完全無料で利用可能
  • 総合買取業者なので、幅広い不用品でもまとめて任せる事ができる
  • 実績豊富な大手買取業者の一社なので、大手としての安心感あり
  • 遺品丸ごとパックという独自サービスあり

福ちゃんの骨董品買取サービスのメリットを挙げればキリがありませんが、全国的に見てもここまで総合的に優れた骨董品買取サービスを提供しているのは福ちゃんの他にありません。

「碁盤の買取価格が知りたいだけ」といった、相談だけをしたい時も福ちゃんでは積極的に対応しています。

もしも、自宅で気になる碁盤が見つかってどうしようか悩んでいれば、とりあえず福ちゃんに相談して色々と教えてもらうとよいでしょう!

碁盤買取についてまとめ

碁盤買取についてまとめ

碁盤は価値の高いものは非常に高額で、1点で100万円以上で取引されるような高級品や、タイトル戦で使われた貴重な記念品まで多く存在します。

もちろん現在でもこうした高級碁盤の需要は高く、趣味でコレクションしている方も多いです。

古い碁盤なら必ず価値があるというわけではないのですが、査定の結果「有名な碁盤師の作品」「高級木材を使用した碁盤」などと判明すれば、処分すら検討していた碁盤が数万円~数十万円に変わる可能性だって十分にあります。

ただ、碁盤の価値を見極めるのは非常に難しく、素人では木材の特定すらもままならないことが多いです。

価値を自己判断してネットオークションなどで個人売買を行うと、本来の価値とかけ離れた値段で売ってしまって損する可能性もありますし、間違った作品情報で売ってしまって相応の責任が求められる可能性も出てきます。

そのため、価値が知りたい碁盤があれば、まずは無料メール査定などを利用して信頼できる骨董品買取業者に相談することをおすすめします!

ページ上部へスクロール