骨董品買取ナビ

刀剣買取情報は【骨董品買取ナビ】日本刀の価値・相場、おすすめ買取業者を紹介

刀剣買取情報は【骨董品買取ナビ】日本刀の価値・相場、おすすめ買取業者を紹介
刀剣買取情報は【骨董品買取ナビ】日本刀の価値・相場、おすすめ買取業者を紹介

刀剣とは、刃や剣身などを備えている武器の事を指し、別名「日本刀」とも呼ばれています。

買取業者では上記の日本刀に付随する「鍔」「鞘」「柄」などの刀装具も刀剣類として買取を行っています。

現在、刀剣の日常的な実用性は皆無ですが、美術品としての人気と価値は高く、鑑賞目的として古美術品(アンティーク品)として海外でも人気があります。

そのため、需要の高い人気の刀剣であれば1000万円以上の買取価格が期待できる可能性があるほどです。

ですが、刀剣類は種類や状態によって価値も買取価格も大きく変わりますので、刀剣の種類や特徴、どういった刀剣に高い買取価格がつくのかご紹介します。

ここがポイント!

骨董品買取に精通した業者であっても刀剣の買取は断られる場合があります。ですが、当サイトでもおすすめの骨董品買取業者「福ちゃん」と「日晃堂」は刀剣の買取にも精通しており、完全無料で・メール査定かた相談まで受け付けていますので、刀剣買取でも非常におすすめです!

  • 福ちゃん

    総合買取業者でありながら骨董品買取の専門性が非常に高い大手買取業者。買取価格・スタッフ対応・サービス内容全てにおいて最高水準な文句なしのおすすめ買取業者です。

  • 日晃堂

    美術史に関して研究していたほど造詣が深い方が社長を務めている事もあり骨董品に関する取り扱いが非常に優れており、骨董品に関する買取価格は福ちゃんに勝るとも劣らない程です。

刀剣について
買取価格・価値は高いの?

刀剣について買取価格・価値は高いの?

前述のとおり、刀剣とは刃や剣身などを備えている武器やそれらに付随する刀装具の総称であり、武器に関しては「日本刀」とも呼ばれます。

厳密には「刀」「太刀」「脇差」「短刀」「剣」に加えて、「槍」「薙刀」も日本刀に含まれ、「鍔」「柄」「鞘」「拵え」といった刀装具も「刀剣」として買取してもらう事が可能です。

これら刀剣類の価値・買取価格についてですが、無銘であったとしても基本的に高額です。

その理由として、現存する刀剣類は基本的に明治時代以前に作られたアンティーク品でありながら、美術品としても海外でも人気が高いからです。

そして、意外に思うかもしれませんが「鍔」や「柄」といった刀装具であっても十分に高い買取価格は期待できます。

例えば、「鍔」は全てが一点物の手作りとなり、当時の職人たちが緻密な細工を施した作品も多く出回っていて、実は脇差よりも高く取引されている傾向にあります。(※ヤフオク落札結果調べ)

有名な刀剣であるほど比例して贋作・模造刀も増えるので、刀剣であっても買取を断られる可能性はありますが、「物置から見つけた古い刀」「昔から家にある刀剣」「刀剣コレクターの方が所持していた」などであれば高価買取が期待できるでしょう!

ですので、刀剣を見つけた際には一度刀剣の買取に精通した業者に相談しましょう!

ここに注意!

刀剣類は買取してもらうだけでなく、譲渡・所持を続けるにしても【銃砲刀剣類登録証】(以下「登録証」)が絶対に必要です!なので、まずは登録証の有無を確認し、登録証がなければ次のように自分で取得するか買取業者に相談しましょう。

【銃砲刀剣類登録証】ってなに?

【銃砲刀剣類登録証】ってなに?

【銃砲刀剣類登録証】とは各都道府県の教育委員会が発行する証明書で「鑑定書」とは全くの別物です。

「所持・譲渡・売買」など銃砲刀剣類を取り扱う際にはいかなる時にでも備え付けておかなければなりません。(但し、鍔などの刀装具など武器以外の刀剣類は不要)

もしも、刀剣を所持しているにも関わらず登録証がない事が発覚すれば銃刀法違反の罪に罰せられる可能性まであります。

コレクターの遺品などであれば基本的に登録証はついていますが、物置に眠らせっぱなしだった場合、登録証がついていないという事も珍しくはありません。

ただし、知っておいて欲しいのは登録証がなければ即座に罪に問われるわけではなく、黙って所持し続けたとしても早々に問題がでるわけでもありません。

ですが、今後譲渡や売却を検討する可能性があれば、早い段階で取得しておくに越したことはありません。

さて、【銃砲刀剣類登録証】の取得方法についてですがそこまで難しくはありません。

とりあえず、あなたの住む最寄りの警察署の生活安全課へ電話連絡すればOKです。

後は、警察の言う通りに発見届を提出し、その後に登録証が発行さえるという流れになります。

刀剣の買取相場と価値について

では、刀剣の種類ごとに買取相場や鑑定価値について解説していきます。

刀

【刀】とは刀剣の中でも代表的な種類で、多くの方が日本刀でイメージするのが「刀」でしょう。

刀身が2尺以上かつ反りが小さい刀剣が「刀」に該当し、武士の徒戦における主な武器として活躍しました。

ここがポイント!

【刀】は刀剣類の中では最も人気が高く、様々な刀匠による作品も流通していることから刀剣類の中では最も高価買取が期待できます。その為、刀剣を見つけた際には登録証を確認し、「刀」かどうかを確認しましょう。

有名な刀を挙げると「安宅切」「石田正宗」「大兼光」「五月雨江」「城和泉正宗」を始めとした数々の国宝級の刀がありますが、ここまで有名な刀が出てくることはまず考えられません。

ですが、それでもかなりの高価買取が期待できる刀は多くありますので、刀の買取相場例をいくつか紹介します。

品物情報 買取相場
刀 在銘「越前康継」 認定書(特別貴重刀剣) 50万円
刀 在銘「國正」 鑑定書(特別保存刀剣) 140万円
刀 在銘「塚本喜昭」 未鑑定 12万円
刀 在銘「友次作」 未鑑定 15万円
刀 無銘 僅かな刃毀れ・小錆有 5万円

太刀

太刀

太刀は刀身が2尺以上かつ、刀身の反りが刀より大きい刀剣の事を指します。

【刀】は徒戦に適していますが、太刀は馬上での戦いを考慮して作られている為、反りが大きく、また刀身の長さも刀より長く作られています。

ここがポイント!

太刀は一見して刀と間違われがちですが、反りが通常の「刀」や「脇差」と比べると明らかに大きくなっているので一目で分かります。「太刀」はその用途から「刀」より長く作られる傾向にありますが、刀と太刀の定義上では刀身の長さに違いがない為、反りの大きさで太刀は見分ける事をおすすめします。

太刀というと「獅子王」「次郎太刀」「太郎太刀」「天光丸」「童子切安綱」といった国宝級の太刀は有名ですが、自宅の太刀にこのクラスのものが見つかる事はまずありません。

ですが、国宝級は言わずとも、高い買取価格が期待でいる太刀は色々とありますので、太刀の買取相場例をご紹介します。

品物情報 買取相場
太刀 在銘「深吉野人國平製之」 未鑑定 40万円
太刀 在銘「国行(来)」鑑定済み重要刀剣 400万円~600万円
太刀 在銘「備前国吉井光則」 未鑑定 50万円
太刀 無銘 認定書(貴重刀剣) 10万円
太刀 伝銘「藤島」 15万円

脇差

脇差

脇差とは刀身が1尺以上~2尺未満の刀身を持つ刀剣の事を指します。

脇差は刀とセットで武士が腰に差している刀剣で、刀が使用できなくなった時の補助的な武器として使われました。

ここがポイント!

刀と脇差は形状は似ていますが、長さが違うのでよく見れば違いは一目瞭然です。脇差は刀よりも価値が低い傾向にありますが、高価買取は十分に期待できますよ!

脇差というと「痣丸」「蜘蛛切丸」「篭手切江」「骨喰藤四郎」「物吉貞宗」といった脇差が有名ですが、このような重要文化財級の脇差が自宅から見つかるという事はまずありません。

とはいえ、重要文化財級とは言わずとも脇差には高価買取が期待できるものは色々とありますので、買取相場例として紹介します。

品物情報 買取相場
脇差 在銘「雲龍子定興」 鑑定済み(保存刀剣) 15万円
脇差 在銘「大和守源康道」 未鑑定 6万円
脇差 伝銘「手掻包吉」 認定書有り(貴重刀剣) 20万円
脇差 在銘「城慶子正明造之」 未鑑定 45万円
脇差 無銘(錆・イタミあり) 1万円

短刀

短刀

短刀とは刀身の長さが1尺未満であり、鍔のついていないの刀剣の事を指します。

短刀は刀のように戦闘用の武器としての用途よりも、護身用や儀式などの目的で活用されていました。

ここがポイント!

短刀は刀剣類の中では価値が低いと思われがちですが、実は短刀の価値は脇差よりも高くなる傾向にあります。そのため、短刀が見つかった際には高価買取を十分に期待してもよいでしょう。

短刀と言えば「愛染国俊」「厚藤四郎」「謙信景光」「後藤藤四郎」「博多藤四郎」といった数々の国宝級の短刀が有名ですが、自宅で見つかるような短刀でここまでの短刀が見つかる事 はないでしょう。

ですが、国宝や重要文化財級とまでいかなくても、数十万単位での買取価格が期待できる短刀がありますので、買取相場例から紹介していきます。

品物情報 買取相場
短刀 在銘「助宗」 未鑑定 15万円
短刀 在銘「兼吉」 鑑定書(保存刀剣) 12万円
短刀 在銘「肥前國忠吉」 認定書(特別貴重刀剣) 20万円
短刀 在銘「大和大掾藤原正則」 未鑑定 8万円
短刀 伝銘「月山」 鑑定書(保存刀剣) 20万円

鍔

鍔とは「柄」と「刀身」の間に挟まる形でついている刀装具の一種です。

鍔は見栄えでついているのではなく、柄を握る手を守ったり、刺突時に刀身へ手が滑るのを防いだりと目的があって装着されています。

ここがポイント!

「鍔」なんて売れないだろうと思われるかもしれませんが、刀剣買取業者が買取してくれます。むしろ、単体で1万円以上の買取価格は十分に期待できるので基本的には高い価値があるほどです。

鍔は全国各地で特色を活かした作品が多くつくられており、作られた多くの鍔は実用性を考えていたことから無銘の状態でつくられていました。

ですので、在銘の鍔であれば高い買取価格が期待できる一方で、無銘であっても鍔としての仕上がり次第で高い買取価格が期待でいる作品となっています。

品物情報 買取相場
無銘胡蝶図象嵌鍔 12万円
在銘花籠之図鍔「宗永」 8万円
無銘仙人達之図象嵌鍔 8万円
在銘海老之図透かし彫鍔「越前中 記内」 8万円
無銘双竜紋様鍔 1万5000円

高く売れる刀剣の特徴

茶道具について買取価格・価値は高いの?

刀剣を鑑定して正確な買取価格を算出することは素人には不可能ですが、高価買取が期待できる刀剣かどうかはいくつかのポイントを確認する事で可能です。

3つのポイントとは主に次の事を確認しましょう。

高価な刀剣か判断する3つのポイント

  • 鑑定書の有無の確認
  • 在銘か無銘の確認
  • 刀装具を確認

鑑定書等の有無の確認

鑑定書の有無の確認

見つけた刀剣に登録証とは別に画像のような鑑定書がついているかを確認します。

もしついていれば、次の3点の内容を順に確認しましょう。

鑑定書で確認する3つのポイント

  • 「日本美術刀剣保存協会」が発行したものかどうか
  • 「認定書」か「鑑定書」か「指定書」のいずれか
  • 鑑定結果の刀剣グレード

「日本美術刀剣保存協会」が発行したものかどうか

刀剣の鑑定書を発行する機関はいくつかありますが、最も信頼性が高いのが「日本美術刀剣保存協会」が発行する鑑定書となっています。

鑑定書の文面の中に発行機関が書いているので、確認は容易でしょう。

「認定書」か「鑑定書」か「指定書」のいずれかどうか

「日本美術刀剣保存協会」が発行した鑑定書であったら、次に「認定書」「鑑定書」「指定書」のいずれなのかを確認しましょう。

こちらも書面の内容を見れば確認できますが「認定書」<「鑑定書」<「指定書」という順に高い買取価格は期待できます。

ただし、この3つの中でも「認定書」については価値が安定せず、認定書があるのに非常に価値が安い事もあります。

鑑定結果の刀剣グレード

日本美術刀剣保存協会が発行する書面であれば刀剣のグレードが記載されており、次の上から順に価値の高さが期待できます。

刀剣グレードのまとめ

  • 特別重要刀剣
  • 重要刀剣
  • 特別保存刀剣
  • 保存刀剣
  • 甲種特別貴重刀剣
  • 特別貴重刀剣
  • 貴重刀剣

ただし、赤字の3種に関しては認定書に記載されているグレードなので、価値にはかなりのばらつきがあり、特別貴重刀剣であっても重要刀剣より高い事ような場合もあります。

在銘か無銘の確認

鑑定書の有無の確認

刀剣には刀匠の銘(サイン)が刻まれている事があり、無銘よりも在銘の方が買取価格は高くなる傾向にあります。

銘の有無に関しては柄を外したところで確認できますが、簡単な方法は登録証を確認することです。

刀装具を確認

鑑定書の有無の確認

鍔や鞘、柄など刀剣の刀装具が豪華絢爛だった場合は高価買取が期待できます。

実用性よりも鑑賞を目的とする刀剣を所持できたのは身分の高い人間だけで、こういった刀剣は美術価値を高くするために有名な刀匠につくらせた可能性が高く、それに伴って価値も高い事が期待できるのです。


ここが注意点!

これらのポイントが確認できたとしても絶対に高く売れる刀剣だとは言い切れません!それに、正確な価値を知る事もでいないので、きちんとした刀剣の価値・買取価格が気になる場合は、おすすめ骨董品買取業者の無料査定を活用することをおすすめします。

刀剣を高く売る為のコツと注意点

刀剣について買取価格・価値は高いの?

手持ちの刀剣を1円でも高く売る為のコツと言えば、やはり刀剣の正確な相場をある程度は把握することが大切です。

そうすれば、買取業者に依頼する場合でも、ネットオークションを活用して自分で売る場合でも、相場を遥かに下回る価格で売ってしまう事態は避ける事ができます。

ですが、刀剣の相場には定価がなく、似たような刀剣でも銘が異なったり鑑定書の有無、当時の需要によっても買取価格は大きく変わる為、素人が地力で刀剣の相場を判断することは非常に厳しいです。

その為、2社以上の骨董品買取業者に相見積もりを依頼して、買取相場と作家作品かどうかを把握する方法をおすすめします。

複数の買取業者に依頼し、査定を行ってもらう事でかなり正確な買取相場や作品情報を教えてもらえるので、刀剣の価値を知りたい方にはおすすめですよ!。

ここが注意点!

例え、相見積もりを依頼するだけでも、買取業者選びを適当にするのはいけません!悪質な買取業者は知識がなく査定・鑑定ができないので、正確な価値を知る事は絶対にできないからです。

刀剣の鑑定・売却のおすすめ業者は?

刀剣について買取価格・価値は高いの?

刀剣の価値を素人が見るのは非常に難しく、鑑定書がついていたり、銘の有無が判断できたとしても適正相場を知らなければ知らないうちに買い叩かれているかもしれません。

古美術品(アンティーク)の買取では、売り手に相場観がなければ100万円で売れるものであっても「1万円で限界価格」と上手い事言いくるめられる事は珍しい事ではありません。

「高く売れる刀剣だったのに、知らなかった…」とならないためにも、当サイトでもおすすめの骨董品買取業者「福ちゃん」か「日晃堂」に無料相談してみる事をおすすめします!

  • 福ちゃん

    総合買取業者でありながら骨董品買取の専門性が非常に高い大手買取業者。買取価格・スタッフ対応・サービス内容全てにおいて最高水準な文句なしのおすすめ買取業者です。

  • 日晃堂

    美術史に関して研究していたほど造詣が深い方が社長を務めている事もあり骨董品に関する取り扱いが非常に優れており、骨董品に関する買取価格は福ちゃんに勝るとも劣らない程です。

刀剣の買取をしている業者は色々とありますが、こちらの二社を特におすすめしている理由は「買取価格・鑑定力・専門性・サービス対応」など骨董品買取に関する実績が特に優れていたからです。

特に、福ちゃんは焼物やアンティークにも精通している中尾彬さんと池波志乃さんがご夫婦でイメージキャラクターとして起用し、テレビCMなどのメディア展開、200万点をこえる買取実績数など、大手買取業者として信頼できるので、茶碗の買取で悩んでいれば福ちゃんに相談すれば間違いありません!

福ちゃんのおすすめポイントまとめ

  • 骨董品買取でも経験豊富な査定士が在籍
  • 骨董品買取サービスは完全無料で利用可能
  • 総合買取業者なので、幅広い不用品でもまとめて任せる事ができる
  • 実績豊富な大手買取業者の一社なので、大手としての安心感あり
  • 遺品丸ごとパックという独自サービスあり

福ちゃんの骨董品買取サービスのメリットを挙げればキリがありませんが、全国的に見てもここまで総合的に優れた骨董品買取サービスを提供しているのは福ちゃんの他にありません。

「刀剣の買取価格が知りたいだけ」といった、相談だけをしたい時も福ちゃんでは積極的に対応しています。

もしも、自宅で気になる刀剣が見つかってどうしようか悩んでいれば、とりあえず福ちゃんに相談して色々と教えてもらうとよいでしょう!

刀剣買取についてまとめ

刀剣買取についてまとめ

かつては、刀剣は当たり前のように武士が腰に差して歩いており、江戸時代には「刀と脇差」の二本差しが武士の正装として指定されていました。

しかし、廃刀令が発布された明治時代以降、刀剣を指す武士の姿は消えていき、それに伴って日本の刀剣文化も衰退していきました。

ですが、衰退していったからこそ現存する刀剣の希少性が上がり、コレクター間での刀剣の需要と価値は上がっていきました。

日本の刀剣は美術品としても人気で、海外にも日本刀のファンは多く、高名な刀匠の刀剣は高いお金を積んででも購入したい人もいます!

何も知らず、適当に刀剣を買取依頼したり自分で売却すると、価値が高くても二束三文に買い叩かれる可能性がありますので、売りたい場合は信頼できる骨董品買取店に相談するのがおすすめです!

ページ上部へスクロール