骨董品買取ナビ

茶道具買取なら【骨董品買取ナビ】がおすすめ買取業者と相場を紹介

茶道具買取なら【骨董品買取ナビ】がおすすめ買取業者と相場を紹介
茶道具買取なら【骨董品買取ナビ】がおすすめ買取業者と相場を紹介

茶道具とは「茶道において使用される道具の総称」ですので、茶碗や鉄瓶、棗などなどこういった茶道にて使用される道具は全てまとめて「茶道具」と呼ばれます。

茶道具は茶道をしていなければ無縁な品物と思われるかもしれませんが、骨董品収集をしている人の中ではコレクションする有名なジャンルの一つです。

現在でも茶道具をコレクションしている人は多く、更に言うと茶道具を投資対象として購入する人もいるくらいですので、茶道具次第では100万円以上の買取価格も十分に期待できます。

逆に、茶道具でも買取できない種類もありますので、茶道具の種類や特徴、茶道具の買取ではどのような作品に買取価格がつくのかを紹介していきます。

ここがポイント!

お持ちの茶道具の正確な買取相場・価値を知る場合は専門買取業者へ相談する事をおすすめします。当サイトでもイチオシ骨董品買取業者である「福ちゃん」と「日晃堂」であれば完全無料で相談・査定からから受け付けているので、「まずは相談だけしてみたい・・・」という方にとってもおすすめです!

  • 福ちゃん

    総合買取業者でありながら骨董品買取の専門性が非常に高い大手買取業者。買取価格・スタッフ対応・サービス内容全てにおいて最高水準な文句なしのおすすめ買取業者です。

  • 日晃堂

    美術史に関して研究していたほど造詣が深い方が社長を務めている事もあり骨董品に関する取り扱いが非常に優れており、骨董品に関する買取価格は福ちゃんに勝るとも劣らない程です。

茶道具について
買取価格・価値は高いの?

茶道具とは前述にもあるように、茶道に用いられる道具の総称です。

ですので、「茶碗」や「鉄瓶」などお茶を点てる際に直接的に使用する道具でなくても、空間を演出する道具である「掛け軸」や「硯屏」、「花瓶」であっても茶道の場において使用されていれば、それは茶道具と呼べます。

とはいえ、骨董品買取業者が茶道具として買取している種類はある程度決まっていますので、その種類については後述でまとめて紹介します。

さて、そんな茶道具の価値・買取価格ですが、高い品物は非常に多く存在します。

その大きな理由が、茶道はかつての偉人にとっても嗜み・娯楽であった事から、高名な作家作品や献上用の豪華絢爛な作品も多く出回っており、現在でも詫び錆の奥深さや歴史的背景から発展した芸術性が多くの人を惹きつけ、高い需要を作り出しているからです。

ちなみに、織田信長が活躍していた戦国時代では特に価値の高い茶道具の事を「名物」と呼ばれ、なんと茶碗一つで城が一つ購入できてしまう程の価値がある程で、便宜を計ってもらう為の他国への進物や贈賄にも使われていました。

近年作られた稽古用セットなどは骨董品としての価値はないので買取を断られますが、「物置から見つけた箱にしまわれた茶道具」となれば高い買取価格は十分に期待できます。

例えば、人間国宝かそれに近い作家の茶道具だった場合は100万円以上の買取価格もありえますし、一般的には有名でない作家の茶道具でも1万円以上の買取価格がつく事は珍しい事ではありません。

また、作家物の茶道具でなく、一見汚い茶碗にしか見えない「井戸茶碗」のような古い時代に作られた歴史的価値のある茶道具であれば10万円以上の買取価格がつく事もあります。

ここに注意点!

茶道具は「見た目が悪いとから価値がない」と決めつけてはいけません。一見、無価値に見える茶道具に数万円の買取価格がつくという事は全然あり得る話ですので、専門家に鑑定・査定をしてもらうまでは大切に保管しておきましょう!

現在でも茶道具をコレクションしている人は多く、更に言うと茶道具を投資対象として購入する人もいるほどで、茶道具の需要は衰えていませんので、古そうな茶道具を見つけた場合は驚くような買取価格が期待できるので、まずは専門業者による無料相談や無料査定を活用し、買取価格を確認することをおすすめします。

具体的にどういう茶道具がどれほどの買取価格になるのかも続けて紹介していきます。

茶道具の買取相場と価値について

茶道具の種類ごとに買取相場や鑑定価値について解説していきます。

茶碗

茶碗

茶碗は茶道において「茶を点て、茶を飲む」為に使用される茶道においては絶対に欠かすことのできない茶道具の一つです。

茶碗が伝わったとされるのは奈良時代から平安時代にかけてと言われ、それ故に現在までの歴史が長く、様々な作家が茶碗作品を生み出しています。

ここがポイント!

茶碗は歴史が長い事から「太古の時代に作られた茶碗」というのはそれだけで高価買取が期待できます。例えば「平安時代に作られた茶碗」と鑑定されれば、銘や箱書きがなくとも高い歴史価値によって売る事が可能です。

茶碗作品は「柿右衛門」や「清水卯一」といった人間国宝に指定されている方の茶碗作品が高価買取が期待できるのはもちろんですが、一般的には知られていない作家の茶碗作品であっても高い鑑定価値を持つ茶碗作品は非常にたくさん存在します。

その為、銘や箱書きが確認できる茶碗であれば高い買取価格が期待できますので、専門業者に買取依頼や鑑定・査定を依頼すると良いでしょう。

茶道具の一種、茶碗の買取相場はこのようになっています。

品物情報 買取相場
北大路魯山人作 鉄絵円窓文茶碗(高さ:約7.0cm、幅:約10.5cm) 15万円
濱田庄司作 灰釉白掛胴紐茶碗(高さ:約7.5cm、幅:約15.5cm) 10万円~12万円
無銘 古備前茶碗(高さ:約9.0cm、幅:約13.5cm) 3万円
若尾利貞作 志野茶碗(高さ:約8.5cm、幅:約13.5cm) 18万円
木村盛和作 油滴天目釉茶碗 (高さ:約7.5cm、幅:約13cm) 35000円

鉄瓶・銀瓶・金瓶

鉄瓶

鉄瓶とは茶道において「湯を沸かす際に使用する道具」ですが、茶道以外でも日常的な湯沸し器として鉄瓶は使用されていた事もあり、鉄瓶は自宅から見つかりやすい茶道具となっています。

日常的に使用されていた鉄瓶は買取できないかというとそういうわけでもなく、「南部鉄器」や「古時代の希少な鉄瓶」だった場合など、鑑定の結果、実は高い買取価格をもつ鉄瓶だったという事はそこまで珍しい話というわけではありません。

ここが注意点!

鉄瓶は茶道具の中でも価値の付きやすい茶道具ですので、一見、錆びて汚ない鉄瓶でも価値がないと決めつけてはいけません。一度は骨董品買取業者などで無料査定をしてもらう事をおすすめします。


そして、鉄瓶と似ている茶道具として、「銀瓶」と「金瓶」がありますが、これらの大きな違いは素材が「鉄」「銀」「金」のどれかという点です。

金と銀は鉄と比べて素材自体が非常に高価な事から「金瓶」と「銀瓶」は造り手自体が限られており、茶道にもほぼ使用されず主に鑑賞用として使用されていました。

ここがポイント!

金瓶と銀瓶は作家物など関係なく、買取に出せば高価買取してもらえるといる程、非常に高い価値があり、数ある茶道具の中でもトップクラスの買取相場を誇ります。買取依頼の際には相見積もりは必須です。

参考までに、鉄瓶・銀瓶・金瓶の買取相場をご紹介します。

品物情報 買取相場
角谷一圭作丸型鉄瓶(高さ:約19cm、幅:約16cm) 8万円
龍文堂銘鉄瓶(高さ:約7.5cm、幅:約15.5cm) 8万円
佐藤清光作 鉄瓶(高さ:約20.0cm、幅:約17.cm) 8000円
銀瓶(高さ:約20cm、幅:約16cm) 10万円
金瓶(高さ:約16.5cm、幅:約15cm) 150万円

香炉

香炉

香炉は茶道の際に香を焚くための道具です。非常にバリエーション豊かな茶道具で、陶磁器や金属製、漆器製など素材や種類も多岐に渡ります。

そのため「昔の中国で作られた貴重な品」「純金の香炉だから金相場で高く売れた」「高名な作家物だから」など、鑑定で重視されるポイントも様々あり、複合的な要素で買取価格が決定していきます。

ここがポイント!

あまり高級そうに見えない香炉であっても、実は有名作家の品であったり、あるいは貴重な素材が使われた香炉である場合も多いです。無価値な香炉に見えたとしても、専門家が視れば貴重な香炉で高く売れるものだったという可能性もあります!

参考までに、様々な香合の買取相場をご紹介します。

品物情報 買取相場
斎藤勝美 彩磁香炉(高さ:約15.7cm、幅:約16.1cm) 20万円
山本陶秀 備前焼香炉(高さ:約10.1cm、幅:約10.6cm) 3万円
純金製香炉(高さ:約5.8cm、幅:約4.7cm) 70万円
14代辻常陸 染付香炉(高さ:約14.8cm、幅:約19.7cm) 14万円
井伏圭介 象嵌香炉(高さ:約13.7cm、幅:約10.1cm) 7万円

香合

香合

香合は、茶道の際に香を入れておく「蓋付きの小さな入れ物」で、日常ではあまり使う機会はありませんが、骨董品・美術品として価値が評価されることも多いです。

香合は陶磁器や蒔絵、堆朱など様々な素材で作られ、種類が多岐に渡るぶん「希少な素材だから価値が高い」「美術的価値が高く評価されたため」「良い作家物だから高額」など、高価買取に至る理由も様々です。

ここがポイント!

香合は様々な素材で作られていて、もちろん「陶芸家」「漆芸家」「彫刻家」などその道のプロが手掛けた作家物も多いです。

また、傍目にはただの木で出来た粗末な香合にしか見えなくても、「紫檀」「黒檀」などの貴重な木材が使われた香合といった場合もあります。価値があまり高くなさそうな香合でも、買取業者の査定を受けるまでは丁寧に保管しておくのがおすすめです。

参考までに、様々な香合の買取相場をご紹介します。

品物情報 買取相場
11代永楽保全 吹上丸型香合(高さ:約2.9cm、幅:約7.9cm) 9万円
白井半七 今戸焼香合(高さ:約7.1cm、幅:約15.5cm) 13万円
堆朱香合(高さ:約1.9cm、幅:約5.3cm) 4万円
古染付香合(高さ:約3.3cm、幅:約5.4cm) 32万円
江里佐代子 載金香合(高さ:約5.3cm、幅:約5.2cm) 38万円

棗・茶入

棗・茶入

棗は「漆器の円柱形の蓋物容器」、そして茶入は「陶磁器で出来ている蓋物容器」です。そのため、蓋付きの器が木製漆塗りであれば棗、陶磁器で出来ていれば茶入と呼べます。

両方とも茶道の際に抹茶を入れておく器のことで、この2種を総称して「茶器」と呼ぶこともあります。

棗や茶入は骨董品として高く売れるものも多く、「有名な作家作品」「茶人の書付などがある」「骨董品としての希少価値が評価される物」などは数十万円~の価格で取引されることもある程です。

ここがポイント!

茶道で有名な千利休は、黒無地のシンプルな棗を好みました。そのため、一見あまり高額に見えないシンプルな棗でも、実は高名な作家が作った高級品だったという可能性もあります。

茶入も同様で、利休の”わびさび”の思想に沿うような、質素でシンプルなものが好まれたようです。そのため、見た目が質素で価値がなさそうに見える棗や茶入でも、意外な価値が付く場合もあります。

参考までに、様々な棗や茶入の買取相場をご紹介します。

品物情報 買取相場
吉田華正 住吉棗(高さ:約7.4cm、幅:約7.4cm) 8万円
前端春斎 蒔絵平棗(高さ:約6.3cm、幅:約8.1cm) 27万円
山本陶秀 備前焼茶入(高さ:約7.8cm、幅:約7.7cm) 22万円
薩摩焼茶入(高さ:約10.4cm、幅:約5.5cm) 10万円
加藤作助 瀬戸茶入(高さ:約7.5cm、幅:約7.1cm) 5万円

茶杓

棗・茶入

茶杓は、抹茶を茶器からすくうための茶道具です。象牙や鹿角のものもありますが、大体は竹製の匙であることが多く、一見”大きな耳かき”のような見た目をしています。

茶杓は見た目こそそれほど高級そうには見えない茶道具ですが、中には極めて高額なものもあり、骨董品市場では1本100万円単位で取引されるような茶杓も数多くあります

茶杓のポイントとしては、作家だけでなく「茶人自ら作ることもある」という点で、表千家・裏千家の有名な宗匠が作った茶杓もあり、それらも高額で買取されることが多いです。

ここが注意点!

茶杓の価値は「作家・作者」の他、素材や状態、銘や書付の有無など、複合的な要素で決定します。

「この作家でこの形の茶杓は珍しい」「目利きの人物の極め札が付いている」など高価買取の理由も多岐に渡るため、茶杓の価値を鑑定するのはよほど茶道に精通した専門家でないと難しいです。

茶杓の価値を自己判断すると、不当に安く売却してしまう恐れもある為、価値が気になる茶杓があればまずは専門家へ相談することをおすすめしています。

参考までに、様々な茶杓の買取相場をご紹介します。

品物情報 買取相場
立花大亀 竹茶杓(長さ:約18.3cm) 7万円
而妙斎宗員 竹茶杓(長さ:約18.2cm) 9万円
9代了々斎 茶杓(長さ:約18.9cm) 12万円
6代六閑斎 茶杓(長さ:約18.3cm) 38万円
千少庵 茶杓(長さ:約17.9cm) 23万円

花器(花入れ)

花器(花入れ)

茶道具の「花器」は、茶道の際に花を入れて飾るための器です。要するに花瓶のことなのですが、茶道においては「花入」あるいは「花生」と呼ばれることが一般的です。

そのため、作品名も「備前焼花入~」「竹籠花生~」になっている場合も多いのですが、ここでは「花器」としてまとめて紹介しています。

花器は竹や籠、陶磁器、または象牙や金などの高級素材で作られるものなどもあります。

基本的には「作家」「歴史的価値」「素材の価値」の3点が鑑定されることが多く、高級品になってくると中には数百万円で取引されるような花器も多いです。

ここがポイント!

花入の中には竹製、籠製などの見た目が質素なものも多く、こちらもあまり高い価格が付くようには見えませんが、竹の花入にも数百万円の鑑定価値が付くものが存在します。

また、花器も素材によっては、有名な宗匠(茶道の師匠)が手掛けたものもあり、それらも骨董品市場では高額で取引されることも多いです。

参考までに、様々な花器の買取相場をご紹介します。

品物情報 買取相場
玄々斎 竹釣花入(高さ:約13.4cm、幅:約38.9cm) 15万円
作者不明 伊賀焼花入(高さ:約25.8cm、幅:約14.2cm) 58万円
加藤卓男 青釉花器(高さ:約25.8cm、幅:約9.8cm) 16万円
中村宗哲 筒花入(高さ:約36.8cm、幅:約10.7cm) 35000円
藤原雄 備前焼花器(高さ:約28.5cm、幅:約11.1cm) 6万円

高く売れる茶道具の特徴

茶道具について買取価格・価値は高いの?

茶道具を鑑定して正確な買取価格を算出することは非常に困難ですが、高く売れる茶道具は作家物(作家によってつくられた作品)という特徴があります。

そして、作家によってつくられた茶道具かどうかは次の3つのポイントを確認することで見抜く事が可能です。

作家物か判断する3つのポイント

  • 鑑定書の有無の確認
  • 共箱といった付属品の確認
  • 作品に「銘(サイン)」の有無の確認

鑑定書の有無の確認

鑑定書の有無の確認

画像のように鑑定書が確認できた場合は高い確率で作家物の茶道具に該当します。買取依頼をする場合も、鑑定書の有無は買取価格に影響するので大切に保管しておきましょう。

ただし、茶道具の鑑定書は発行元が一定ではなくバラバラです。

その為、上画像の鑑定書とは異なる内容がほとんどですが、鑑定書があるだけで高価な茶道具の可能性はぐっと上がります。

共箱といった付属品の確認

鑑定書の有無の確認

日用雑器や大衆向けの茶道具は完成後そのまま市場へ流通しましたが、作家が作る茶道具作品は完成すると専用の箱(共箱)にきちんと保管されます。

その為、共箱にしまわれている茶道具というのは作家による作品の可能性が高くなり、箱自体に「銘(サイン)」(箱書)があれば更に作家作品の可能性は上がります。

作品に「銘(サイン)」の有無の確認

鑑定書の有無の確認

作家が茶道具作品を完成させた場合、画像の様に作品自体にも「銘(サイン)」を入れる事があり、銘の確認できる作品は「在銘」と呼ばれます。

高名な作家の作品になるほど銘の入っている可能性が高いので、「在銘」かどうかで作家作品の可能性が変わるのです。


これら3つのポイントに該当するかどうかを確認するだけでも、ある程度高く売れる茶道具かどうかの判断は可能です。特に鑑定書はついていない茶道具が多いので、鑑定書が確認できれば高価買取が期待できる茶道具かもしれませんので、骨董品買取業者に査定依頼してみる事をおすすめします!

ここが注意点!

3つのポイントに該当しても贋作などの可能性もあるので絶対に高く売れるわけではありません。逆に、3つのポイントに該当しなくても高く売れる茶道具の可能性もあるので、茶道具の価値・買取価格が気になる場合は、骨董品買取業者の無料査定を活用することをおすすめします。

茶道具を高く売る為のコツと注意点

茶道具について買取価格・価値は高いの?

茶道具をより高く売る為のコツとしては、やはり茶道具の相場をある程度把握しておくことが大切です。そうすることで、買取業者に依頼するにしても、ネットオークションで売るにしても、不当に安く手放す事は避けられますので。

ただし、茶道具の相場は決まったものでなく、同じ作家の作品でも作風や状態で買取価格が数万円単位で変わる事があり、更には買取業者による鑑定判断の違いにより買取価格が変わる程なので、自分で茶道具の相場を判断することは大変困難です。

その為、2社以上の骨董品買取業者に相見積もりを依頼して、買取相場と作家作品かどうかを把握する方法をおすすめします。

複数に依頼すれば、素人でも大体の買取相場を把握でき、専門家からどういう作品なのかも教えてもらえるのでとてもおすすめです。

ここが注意点!

相見積もりを取る際にも、よくわからない骨董品買取業者に依頼するのはやめておきましょう。悪質な買取業者はどんな骨董品でもガラクタ扱いして無料同然の価格で買取しようとするので、依頼するだけ時間の無駄です

茶道具の鑑定・売却のおすすめ業者は?

茶道具について買取価格・価値は高いの?

骨董品の中でも茶道具は一般的にも広く流通していたこともあり、「実家の大掃除の際に物置や倉庫から見つかった」という話も少なくはありません。

興味がなければ茶道具は一見しただけでは無価値に見えるかもしれませんが、実際は非常に高い価値を秘めたお宝茶道具かもしれません。

知らず知らずのうちに、お宝の茶道具を安い金額で売却してしまわない為にも、当サイトでイチオシの「福ちゃん」か「日晃堂」に無料相談をしてみる事をおすすめします!

  • 福ちゃん

    総合買取業者でありながら骨董品買取の専門性が非常に高い大手買取業者。買取価格・スタッフ対応・サービス内容全てにおいて最高水準な文句なしのおすすめ買取業者です。

  • 日晃堂

    美術史に関して研究していたほど造詣が深い方が社長を務めている事もあり骨董品に関する取り扱いが非常に優れており、骨董品に関する買取価格は福ちゃんに勝るとも劣らない程です。

茶道具の買取をしている業者は色々とありますが、こちらの二社を特におすすめしている理由は「買取価格・鑑定力・専門性・サービス対応」など骨董品買取に関する実績が特に優れていたからです。

特に、福ちゃんは焼物やアンティークにも精通している中尾彬さんと池波志乃さんがご夫婦でイメージキャラクターとして起用し、テレビCMなどのメディア展開、200万点をこえる買取実績数など、大手買取業者として信頼できるので、茶碗の買取で悩んでいれば福ちゃんに相談すれば間違いありません!

福ちゃんのおすすめポイントまとめ

  • 骨董品買取でも経験豊富な査定士が在籍
  • 骨董品買取サービスは完全無料で利用可能
  • 総合買取業者なので、幅広い不用品でもまとめて任せる事ができる
  • 実績豊富な大手買取業者の一社なので、大手としての安心感あり
  • 遺品丸ごとパックという独自サービスあり

福ちゃんの骨董品買取サービスのメリットを挙げればキリがありませんが、全国的に見てもここまで総合的に優れた骨董品買取サービスを提供しているのは福ちゃんの他にありません。

「茶道具の買取価格が知りたいだけ」といった、相談だけをしたい時も福ちゃんでは積極的に対応しています。

もしも、自宅で気になる茶道具が見つかってどうしようか悩んでいれば、とりあえず福ちゃんに相談して色々と教えてもらうとよいでしょう!

茶道具買取についてまとめ

茶道具買取についてまとめ

かつては、茶道を「嗜み」や「娯楽」として偉人や武士、貴族をはじめとした様々な人が楽しんでいましたが、現在では趣味や習い事の一つとして一部の人しか行わなくなりました。

それに伴い、一般的な茶道具の需要は減っていきましたが、コレクター間での茶道具の需要は上がってきています。

古そうな茶道具であれば必ず価値があるわけではありませんが、鑑定の結果「有名作家の茶碗」や「有名な工房の鉄瓶」と判明すれば単体で数十万円以上の買取価格がつく事も珍しくはありません。

茶道具をオークションやネットショップで自分で売却しようとすると、逆に騙されて二束三文にもならなかったという事にもなりかねませんので、信頼できる骨董品買取店に売るのがおすすめです!

ページ上部へスクロール