骨董品買取ナビ

茶道具の「水指」の買取相場と価値、おすすめ骨董品買取業者も解説

茶道具の「水指」の買取相場と価値、おすすめ骨董品買取業者も解説
茶道具の「水指」の買取相場と価値、おすすめ骨董品買取業者も解説

水指とは茶道の際に水をたくわえて置いておくための道具で、「陶磁器や木製の壺に蓋が付いている」という形が一般的です。

価値ある茶道具は骨董品・美術品としても高値で取引されることが多いのですが、水指も例外ではなく、作家物や骨董品としても価値が高く評価される水指であれば100万円以上の値が付くことも珍しくありません

ただ、ひとくちに水指といえども価値はピンキリですので、このページでは茶道具の「水指」についての買取相場や、高く売れやすい鑑定ポイントについても分かりやすく解説していきます。

ここがポイント!

水指の価値は「貴重な作家物だから」「骨董品として経年価値が出ているものだから」など、高価買取に至る理由も様々です。

鑑定は非常に複雑で、素人が一見しただけではまず価値が分からないことが多いため、このページで得た鑑定情報と並行して、プロの目から見た価値もきちんと確認しておくことを推奨しています。

当サイトでもおすすめしている骨董品買取業者「福ちゃん」と「日晃堂」なら完全無料で相談・査定を受け付けているので、価値が気になる水指があれば相談する事をおすすめします!

  • 福ちゃん

    総合買取業者でありながら骨董品買取の専門性が非常に高い大手買取業者。買取価格・スタッフ対応・サービス内容全てにおいて最高水準な文句なしのおすすめ買取業者です。

  • 日晃堂

    美術史に関して研究していたほど造詣が深い方が社長を務めている事もあり骨董品に関する取り扱いが非常に優れており、骨董品に関する買取価格は福ちゃんに勝るとも劣らない程です。

茶道具の「水指」について

水指とは茶道具の一種で、「茶釜に水を足したり、茶碗や茶筅を洗うための水を蓄えておくための器」です。

高さが15~20cm前後のものが多く、また釜の傍に置かれるため存在感もあり、茶道具一式を良いもので揃えている人は大抵良い水指も持っている場合が多いです。

水指は素材や形、産地も様々で「これって水指と呼べるの?」というものも多いので、まずは茶道具としてよく見られる代表的な水指の「素材」をいくつかピックアップして紹介します。

  • 金属製水指
    金属製水指
  • 陶磁器水指
    陶磁器水指
  • 木製水指
    木製・竹製水指
  • 漆器水指
    漆器水指
  • ガラス水指
    ガラス水指

高く売れる水指ってどんな水指?

茶道においてよく見られる水指の素材について一覧で紹介しましたが、実は上記のような「水指の素材」は、高く売れるポイントかどうかはそこまで関係ありません。

茶道具の買取で高く売れる水指の鑑定ポイントとして、まず「作家物」「骨董品として経年価値が出ているもの」そして「有名な茶匠が逸品として認めた品」などが挙げられます。

もちろん作家や状態によっても価値はピンキリですが、基本的には「作家物」あるいは「茶匠の書付などが付いた品」などはある程度の買取価格が期待できると考えていて問題ありません。

ここがポイント!

作家物の水指かどうかは、高く売れる茶道具の鑑定ポイントでも紹介しているように、「共箱の有無」「箱書きの有無」「落款の有無」によって判断できます。

ただ、この項目を満たしていない水指でも価値があるものは多いので、基本的に骨董品として見つかった水指ならどんな品でも一度はメール査定などでプロに確認してもらうことを推奨します。

敢えて落款などがない作家物の水指や、作者不明でも骨董品として希少価値が高い水指も存在しますので、価値のない水指に見えていたとしても、専門家が視れば高く売れるものだったという可能性があります!

例えば「三輪休雪」や「北大路魯山人」などの有名作家の水指になると100万円以上もの値段で取引されることも珍しくありませんが、そこまでのプレミア品となると普通の家庭からはそう滅多に見つかるものではありません。

ですが、例えば2~3万円の買取価格が付くような水指であれば、普通のお家から見つかるような可能性も十分にありますので、価値が分からないまま処分してしまうのは勿体ない話です。

では、ここからはどんな水指がどれくらいの買取価格になるのかも具体的に紹介していきます。

水指の買取相場と価値について

ここでは、水指の買取事例として概要と相場をまとめて解説していきます。

備前焼水指 藤原啓作

備前焼水指 藤原啓作
買取相場
2万円~5万円
作家
藤原啓
サイズ
18.6cm×18.4cm
水指の種類
備前焼

こちらは「藤原啓」という備前焼の陶芸家が作った水指で、買取相場としてはおよそ2万円~5万円前後が期待できる品です。

藤原啓の作品には、焼成中の窯の中で起こる自然変容(窯変)を生かした素朴なものが多く、水指の他にも茶碗や花入など様々な茶道具を手掛けました。

息子の「藤原雄」も同じく備前焼の作家で、水指も多く手掛けており、買取相場としても同じくらいが期待できます。

九谷焼水指 徳田八十吉作

九谷焼水指 徳田八十吉作
買取相場
11万円~15万円
作家
徳田八十吉
サイズ
20.8cm×15.8cm
水指の種類
九谷焼

「徳田八十吉」は九谷焼の陶芸家で、色の濃淡のみで作品を仕上げる「彩釉」という技法を生み出しました。

こちらの水指だと買取相場としてはおよそ11万円~15万円が期待できますが、作品によっても価格差が幅広く、例えば「銘」が付いていると本人も認めた出来の良い作品ということになり、買取相場も5倍ほど違ってきます。

徳田八十吉は襲名によって名前を受け継いでいる作家ですが、特に「3代目の晩年の作品」になると評価が高いものが多く、襲名前の若い作品と比較しても3倍ほどの価格差が生まれることも多いです。

バカラ 義山(ギヤマン)水指

バカラ 義山(ギヤマン)水指
買取相場
20万円~25万円
工房
バカラ
サイズ
23.2cm×10.8cm
水指の種類
ガラス(ギヤマン)

こちらはガラスブランドとして有名な「バカラ」がかつて製造した水指で、買取相場としてはおよそ20~25万円前後までも期待できます。

バカラが初めて日本に輸入されたのは1900年代の初め頃で、大阪で古美術商を営んでいた「春海藤次郎」という人物が物珍しさに惹かれて茶懐石のための器を注文し、それが最初の記録として残っています。

以降、こうしたバカラの器は”春海好み”と呼ばれ、日本でも広まっていきました。当時の「春海古物店」の箱が付いているバカラもあり、そうした品物は骨董品としての希少価値もプラスされます。


「義山(ギヤマン)」とは茶道具で用いられる用語で、ガラス製品やカットガラスのことを指します。語源はオランダ語で、ガラスをダイヤモンドでカットした細工物を「ディヤマンド」と呼んでおり、そこがギヤマンの語源になっています。

当時の鎖国政策の中にあっても、唯一オランダとは長崎貿易を通じて外交関係を維持し続けたため、日蘭貿易を通じて様々なものが日本にもたらされました。

このような珍しい輸入品は茶道具にも影響を与え、このようなギヤマン細工の水指や、オランダのデルフト窯で作られた「デルフト水指(オランダ水指)」などが今でも骨董品として多く残っています。

高く売れる水指の特徴と作家情報

高く売れる水指の特徴と作家情報

高く売れる水指は上記で紹介したように色々とありますが、ここでは高価買取が期待できる「有名な水指作家」について紹介していきます。

基本的に「一般家庭から出てきて価値が高い水指」となると作家物の割合がかなり多いのですが、特にこちらで紹介している作家に該当する水指をお持ちであれば、複数の買取業者に相見積もりをとってから売る事をおすすめします!

※ここでは比較的有名な作家をまとめますが、一般的にはあまり知名度のない作家であっても界隈では非常に有名だったという話も多いです。

箱に入っていたり陶印があるなどで「作家物の水指かも知れない」と思えるだけでも、買取業者に見てもらう価値は十分にあります。

北大路魯山人

北大路魯山人

「北大路魯山人」とは日本の有名な芸術家で、美食家や篆刻家、画家など数多くの顔を持ちますが、最も有名な分野が「美食」と「陶芸」です。

北大路魯山人は気難しい人物としても知られますが、荒川豊蔵やイサムノグチ、ピカソなど数多くの芸術家とも交流があり、自身が設立した陶芸窯「星岡窯」にも多くの陶芸家が訪れました。

北大路魯山人の作品の買取相場は総じて高額で、水指でも状態が悪いものでなければ大抵は10万円以上、高額なものでは200万円近くまでの買取価格も期待できるほどです。

北大路魯山人の水指買取相場例
品物情報 買取相場
北大路魯山人 備前焼水指(高さ:約15.5cm、幅:約16.4cm) 80万円
北大路魯山人 染付水指(高さ:約14.6cm、幅:約19.0cm) 35万円~55万円
北大路魯山人 黄瀬戸水指(高さ:約18.8cm、幅:約24.2cm) 45万円

永楽善五郎

永楽善五郎

「永楽善五郎」とは、京焼作家の家元のひとつです。千家十職の一つ「土風炉・焼物師」に認定されていて、9代までは「西村」姓、10代以降は「永楽」姓を名乗っています。

作品は茶碗や鉢、花入れなど様々な茶陶や土風炉を手掛けていますが、主に11代目の永楽保全、16代の永楽即全などに水指作品が多く残されています。

買取相場は状態や修復跡の有無、書付の有無などで大きく異なりますが、高額なところでは50万円以上の買取価格が期待できる作品もあります。

品物情報 買取相場
11代永楽保全 交趾焼水指(高さ:約17.6cm、幅:約18.7cm) 18万円
永楽妙全 染付写し水指(高さ:約30.5cm、幅:約32.5cm 難有) 45000円
永楽即全 乾山写し水指(高さ:約12.8cm、幅:約28.5cm) 20万円

三輪休雪

三輪休雪

「三輪休雪」とは萩焼の陶芸家の名前です。萩焼・三輪窯の当主が代々襲名で名前を継いでいて、素地土の荒々しい質感を利用した豪快な「鬼萩」の作品が非常に有名です。

三輪休雪といえば茶碗のイメージが根強くありますが、水指の作品も手掛けていて、買取相場としてはおよそ5万円~20万円前後、高額なものでは70万円前後の買取価格が期待できる品もあります。

品物情報 買取相場
11代三輪休雪 萩焼水指(高さ:約17.5cm、幅:約18.3cm) 15万円
11代三輪休雪 萩焼水指(高さ:約16.5cm、幅:約19.2cm) 18万円
11代三輪休雪 白萩水指(高さ:約17.8cm、幅:約18.2cm) 80万円

茶道具の価値は、基本的に「作家物」か「骨董品としての希少価値」の2点から見ることが出来ます。

ただ、骨董品としての希少価値を見ようと思うと素人ではまず無理なので、そこは査定員などにお任せしておいて、まずは箱や陶印を見て「作家物かどうか」を確認することをおすすめします。

「箱に作家名が書かれている」だったり「水指の目立たないところに陶印が押されている」など、作家物であるかどうかの目星は比較的付けやすいです。

そのうえ、一般家庭から出てきて、かつ価値の高い水指となると作家物である割合がかなり高いため、お持ちの水指が作家物だと分かっているだけでも高価買取が期待できます。

ですが、ひとくちに作家物といっても価値はピンからキリまでありますし、もちろん作家物でなくとも高価買取が期待できる水指は多く存在します。

価値がありそうな水指や、あるいは古い箱にしまわれた水指が見つかった場合は、まず骨董品買取業者の無料メール査定などを依頼して価値を判断してみることをおすすめします!

ここが注意点!

有名な作家であるほど偽物も多く出回りやすいので、例え作家物の水指と分かっていたとしても贋作という可能性もありますし、状態によっては絶対に高く売れるわけではありません。

逆に、作家物でなくても骨董品としての価値が評価されて高額鑑定に至る例も数多く存在しますので、「作家物が全て」というわけではありません。

水指を高く売る為のコツと注意点

水指について買取価格・価値は高いの?

水指を高く売るための一番大切なポイントは、やはり「お持ちの水指の買取相場をある程度把握しておくこと」に尽きます。

相場さえしっかり把握できていれば、骨董品買取業者に売るにしても、あるいはヤフオクやメルカリなどの個人売買で売るにしても、本来の価値より安く売ってしまって損するケースは避けられるためです。

ただ、茶道具の価値を見極めるのは非常に難しく、「作家物としての価値」「骨董品としての希少価値」「状態」「書付・箱書きの内容」など多数の項目を複合的に鑑定する必要があります。

そのため鑑定はプロでなければ難しく、素人鑑定では価値を大幅に間違ってしまう可能性が非常に高いです!

ですので、誰でも簡単に水指の買取相場を知る方法としては、まず2社以上の骨董品買取業者に無料メール査定を依頼し、買取相場と作家作品かどうかを把握する方法をおすすめします。

無料メール査定を利用すれば簡単に買取相場を知ることが出来ますし、どんな作品で価値があるのかも教えてもらえます。

買取業者のメール査定は気軽に利用できるうえ、買取価格を聞いて売ろうと思えばそのままスムーズに買取手続きにも進むことが出来るので、「価値があったら売りたい」と考えている方にも非常におすすめです。

問い合わせフォームには写真も添付することが出来るので、詳細が分からない骨董品でも簡単・正確に情報が伝えられますので、査定の精度もかなり高いです。

ここが注意点!

どうして「2社以上の骨董品買取業者に無料メール査定」を推奨するのかというと、中古の茶道具や骨董品のような相場が不明瞭な品物の場合、買取業者ごとの査定レベルによっても買取価格が大きく変わってくるからです。

特に高額な茶道具になってくると、価値の分母が大きいぶん買取価格のぶれも激しく、数万円単位の買取価格差が出てくるケースも多いです。

そのため、複数の買取業者で相見積もりを取って、一番高く売れるところへ売却するのを推奨します。

問い合わせ内容は使い回しできるので手間も掛かりませんし、対応が悪い業者や買取価格が安い業者もこの時点で洗い出すことが出来ますので、簡単・手軽に満足のいく買取が行えます。

水指の鑑定・売却のおすすめ業者は?

水指について買取価格・価値は高いの?

水指の価値はピンからキリまであり、有名な作家作品などの高額なものなら数百万円の価値が付くことも珍しくありません。

ただ、茶道の世界においては「わびさび」の価値観が非常に重視されるため、あえて質素に作ったものに高額が付くようなことも多く、「一見価値がなさそう」な水指に数十万円の買取価格が付く可能性だってあります。

こうした茶道具の中には非常に価値が高いものが紛れている可能性があり、本来の価値を知らないまま処分してしまうのは非常にもったいない話です!

価値が分からない水指をお持ちであれば、まずは当サイトでもおすすめの「福ちゃん」か「日晃堂」に無料相談してみることをおすすめします。

  • 福ちゃん

    総合買取業者でありながら骨董品買取の専門性が非常に高い大手買取業者。買取価格・スタッフ対応・サービス内容全てにおいて最高水準な文句なしのおすすめ買取業者です。

  • 日晃堂

    美術史に関して研究していたほど造詣が深い方が社長を務めている事もあり骨董品に関する取り扱いが非常に優れており、骨董品に関する買取価格は福ちゃんに勝るとも劣らない程です。

水指の買取をしている業者は色々とありますが、こちらの二社を特におすすめしている理由は「買取価格・鑑定力・専門性・サービス対応」など骨董品買取に関する実績が特に優れていたからです。

特に、福ちゃんは焼物やアンティークにも精通している中尾彬さんと池波志乃さんがご夫婦でイメージキャラクターとして起用し、テレビCMなどのメディア展開、200万点をこえる買取実績数など、大手買取業者として信頼できるので、茶碗の買取で悩んでいれば福ちゃんに相談すれば間違いありません!

福ちゃんのおすすめポイントまとめ

  • 骨董品買取でも経験豊富な査定士が在籍
  • 骨董品買取サービスは完全無料で利用可能
  • 総合買取業者なので、幅広い不用品でもまとめて任せる事ができる
  • 実績豊富な大手買取業者の一社なので、大手としての安心感あり
  • 遺品丸ごとパックという独自サービスあり

福ちゃんの骨董品買取サービスのメリットを挙げればキリがありませんが、全国的に見てもここまで総合的に優れた骨董品買取サービスを提供しているのは福ちゃんの他にありません。

「水指の買取価格が知りたいだけ」といった、相談だけをしたい時も福ちゃんでは積極的に対応しています。

もしも、自宅で気になる水指が見つかってどうしようか悩んでいれば、とりあえず福ちゃんに相談して色々と教えてもらうとよいでしょう!

水指買取についてまとめ

水指買取についてまとめ

水指は点前で使う大切な茶道具のひとつですが、骨董品・美術品としての評価も付きやすく、大半の骨董品買取業者なら問い合わせ対象として扱っている品物です。

また、他の用途で作られた器に後付けで蓋を作り、水指として転用している場合もありますので、実は水指と呼べる品物のバリエーションは非常に幅広いです。

そのため、陶磁器や木製、竹製、金属製などのベーシックな水指の他、縄文土器を転用した変わり種なども存在し、価値の付き方もそれぞれで異なります。

水指ならば必ず価値があるというわけではありませんが、作家物や骨董品として価値の付く水指も多く、買取業者の査定を受けて高額が付く品だと判明する可能性も十分にあります

ただ、骨董品の価値を見極めるのは非常に難しいので、オークションなどの個人取引では安すぎる値段で手放してしまって損したり、逆に高すぎる値段で売って責任問題に発展する恐れがあるなど、鑑定の加減が非常に難しくなっています。

そのため、価値が分からない水指をお持ちの場合は、まずは信頼できる骨董品買取業者へ相談することをおすすめします!

ページ上部へスクロール