骨董品買取ナビ

鉄瓶はいくらで売れる?買取相場と価値、高く売れやすい鉄瓶も解説

鉄瓶はいくらで売れる?買取相場と価値、高く売れやすい鉄瓶も解説
鉄瓶はいくらで売れる?買取相場と価値、高く売れやすい鉄瓶も解説

鉄瓶とは「茶の湯の際にお湯を沸かす鉄製のヤカン」のことです。近年は海外観光客からの人気もあり、お土産屋さんや免税店に鉄瓶が売られているのを目にする機会も多くなりました。

鉄瓶はいっけん小さなヤカンにしか見えませんが、れっきとした茶道具で、骨董品として高く売れるものは数十万円単位の買取価格が付くこともあります。

やはり100万円以上の買取価格が付くような鉄瓶になると、もはや美術館所蔵レベルになってしまうので滅多に見つかるものではありませんが、そこまでは行かなくとも、例えば有名な工房や作家の品だったりすれば数十万円単位の買取価格が付くような例も多いです。

このページでは鉄瓶の種類や特徴、鉄瓶買取ではどんな作品に買取価格が付くのかを分かりやすく紹介していきます。

ここがポイント!

鉄瓶の価値を正しく見極めるには、やはりある程度の知識と経験・鑑定眼は必須ですので、お持ちの鉄瓶の正確な買取相場・価値を手軽に調べたい場合、まず専門買取業者へ相談する事をおすすめしています。

当サイトでもおすすめしている骨董品買取業者「福ちゃん」と「日晃堂」であれば完全無料で、気軽な相談・査定からでも受け付けているので、「まずは相談だけしてみたい…」という方へもおすすめです!

  • 福ちゃん

    総合買取業者でありながら骨董品買取の専門性が非常に高い大手買取業者。買取価格・スタッフ対応・サービス内容全てにおいて最高水準な文句なしのおすすめ買取業者です。

  • 日晃堂

    美術史に関して研究していたほど造詣が深い方が社長を務めている事もあり骨董品に関する取り扱いが非常に優れており、骨董品に関する買取価格は福ちゃんに勝るとも劣らない程です。

鉄瓶について
どれくらい高く売れるのでしょう?

鉄瓶について買取価格・価値は高いの?

鉄瓶とは「湯を沸かすための鉄製のヤカン」のことを指します。かつては日用品としても使われていたので、昔の鉄瓶がそのまま残っていて、整理の際に出てきたというお家も多いです。

ひとくちに鉄瓶といえどもその価値はピンキリで、製造元や作家、状態などによっても買取価格は大きく変わってきます

鉄瓶は工房や作家、生産された地方によっても種類は多岐に渡るので、まずは「鉄瓶の形状・模様」で有名なものを種類に分けて紹介します。

  • 棗型鉄瓶
    棗型鉄瓶
  • 南部型鉄瓶
    南部型鉄瓶
  • 尾垂型鉄瓶
    尾垂型鉄瓶
  • 鉄鉢型鉄瓶
    鉄鉢型鉄瓶
  • 車軸型鉄瓶
    車軸型鉄瓶
  • 霰鉄瓶
    霰鉄瓶
  • 糸目模様鉄瓶
    糸目模様鉄瓶
  • 亀甲模様鉄瓶
    亀甲模様鉄瓶

高く売れる鉄瓶ってどんなもの?

ある程度有名な鉄瓶の形状や種類について画像で紹介しましたが、実は上記のような形状や模様は、高く売れる鉄瓶かどうかそこまで関係ありません。

買取で高額な買取価格が付きやすい鉄瓶といえば、「有名な工房や作家が作った鉄瓶」という点が一番重要なポイントになります。

もちろん、鉄瓶の装飾や状態なども鑑定ポイントに含まれるので買取相場はピンキリにはなりますが、基本的に有名な工房や作家が作った鉄瓶だと分かれば、高価買取が期待できると思っていて大丈夫です。

工房や作家作品かどうかは、こちらでも紹介しているように、「共箱の有無」「落款の有無」によって判断することが出来ます。

ここが注意点!

素人が「作家物の鉄瓶ではなさそう」と思っても、処分してしまう前に一度は専門家に相談しておく事をおすすめします。

銘が見当たらなかったり消えてしまっていたり、作家物だと特定できなくても高価買取が期待できる鉄瓶も存在しますので、いっけん無価値に見えても、専門家が見れば高く売れる鉄瓶だったという可能性もあるからです。

鉄瓶の買取相場と価値について

ここでは、鉄瓶の買取事例として概要と相場をまとめて解説していきます。

鉄瓶 鈴木盛久作(南部鉄器)

鉄瓶 鈴木盛久作(南部鉄器)
買取相場
5万円~9万円
作家
鈴木盛久
サイズ
19.8cm×17.4cm
鉄瓶の状態
良好/銘有

こちらは「鈴木盛久」という作家が作った鉄瓶です。鈴木盛久は南部鉄器の釜師の名で、襲名によって引き継がれ、現在は15代目が活躍されています。

こちらの鉄瓶は状態も加味するとおよそ5万円~9万円前後の買取価格になりますが、鈴木盛久作の鉄瓶の買取相場は非常に広く、高額なものでは50万円以上で取引されます。

龍文堂鉄瓶

龍文堂鉄瓶
買取相場
18万円~20万円
製造元
龍文堂
サイズ
18.5cm×15.3cm
鉄瓶の状態
錆び有/銘有

龍文堂とは京都にて創業した鉄瓶メーカーで、龍文堂初代が蝋型鋳造によって鉄瓶を作ることを考案し、京鉄瓶を最初に作ったと言われています。蝋型鋳造では、大量生産に向かない代わりに細かな造形を可能とし、茶道にも多く用いられました。

こちらの鉄瓶は錆びが出てしまっているため、18~20万円が買取相場ですが、もし綺麗な状態であれば、買取相場と25万円前後は期待できる逸品です。

龍文堂の買取相場も非常に幅広く、テレビ番組「なんでも鑑定団」でも龍文堂らしき鉄瓶が出たことがあったのですが残念ながら偽物で、もし本物で状態良好・箱まで付いていて、かつ人気の5代目の作品であれば300~350万円の鑑定価格が付いただろうと言われています。

鉄瓶 秦蔵六作

鉄瓶 秦蔵六作
買取相場
60万~70万円
作家
秦蔵六
サイズ
14.0cm×16.5cm
鉄瓶の状態
難有/銘有/共箱

鉄瓶の作家は他にも石黒光南、波多野正平、角谷一圭などの有名な作家が多く、骨董品買取市場でも高値で取引される品が多いです。

こちらは「秦蔵六」という作家が手掛けた鉄瓶で、買取相場としては60万~70万円前後になる貴重な品です。秦蔵六は江戸時代末期に創業した鋳金家で、襲名によって名を引き継いでいますが、どの代でも人気が高い事から高い買取相場が期待でいる作家です。

高く売れる鉄瓶の特徴と作家情報

高く売れる鉄瓶の特徴と作家情報

高く売れる鉄瓶は上記で紹介したように色々とありますが、ここでは高価買取が期待できる有名な「鉄瓶メーカー(製造元)」と「作家」について紹介していきます。

有名な製造元だったり作家だったりした場合、鉄瓶の蓋裏や本体に銘が入っているのでそこから確認できますが、すんなり読める銘はラッキーで、略字で書かれていたり達筆すぎて読みづらかったり、あるいは簡易的なマークのようなものも多いです。

もし、鉄瓶が木箱に入っていた場合、それは「共箱」と呼ばれ、表面に作者名などが筆で書かれていることが多いので、そちらを見ると分かりやすいです。

また、鉄瓶本体に「龍文堂」などの屋号だけではなく、作者の銘や花押が入っている鉄瓶は買取相場も高くなる傾向にあります。

龍文堂

龍文堂

「龍文堂」とは京都で創業した鉄瓶工房の名前です。1760年代に龍文堂の初代が「蝋型鋳造」で鉄瓶を制作することを提案し、2代目からは「龍文堂」の名で活動するようになりました。

龍文堂2代目の安之助は、下に記す亀文堂の創始者「波多野正平」や、鉄瓶の作家として知られる「秦蔵六」も弟子として抱えるほどに優れた名工で、蝋型鋳造の長所を活かしたきめ細かな作品を得意としていました。

龍文堂の買取相場は代や装飾、状態によっても変動しますが、ここ10年以内でも鉄瓶1点が約50万円以上で買取された例も多くあるそうです。

龍文堂の鉄瓶買取相場例
品物情報 買取相場
山水文鉄瓶(高さ:約18.1cm、幅:約15.8cm) 6万円
魚文鉄瓶(高さ:約21.8cm、幅:約16.8cm) 8万円~15万円
松竹梅文鉄瓶(高さ:約32.6cm、幅:約24.8cm) 7万円

亀文堂(波多野正平)

亀文堂(波多野正平)

「亀文堂」は、近江の職人「波多野正平」が作っていた鉄瓶で、”日本亀文”との銘が入っています。波多野正平は京都の龍文堂から教えを受け、後に独立して亀文堂を設立し、4代まで続きました。

ただ、昭和に入ると高級な鉄瓶の需要が薄れて廃業になり、現在は当時の僅かな品が残っているのみです。

亀文堂の買取相場としては、品や状態、装飾や代によっても様々ですが、ここ10年以内の市場では、初代波多野正平の鉄瓶に900万円以上の価格で取引された事例があるほどです。

亀文堂の鉄瓶買取相場例
品物情報 買取相場
竜文鉄瓶(高さ:約20.8cm、幅:約19.5cm) 3万円
山水文鉄瓶(高さ:約22.3cm、幅:約18.3cm) 20万円~25万円
初代波多野正平造鉄瓶(高さ:約21.6cm、幅:約17.2cm) 11万円

南部鉄器

「南部鉄器」とは、岩手県南部鉄器協同組合連合会に加盟している業者によって作られている鉄器の総称です。

現在でも沢山の品があり、日常で手軽に使える安価な品から高級品まで幅広く製造しているため、買取相場もピンキリです。

南部鉄器にも有名な作家がいて、「高橋萬治」や「小泉仁左衛門」「鈴木盛久」などの作家物は高額な買取価格が付きやすい傾向にあります。

もちろん作者や出来栄え、鉄瓶としての歴史(誰々所蔵、展覧会出展歴など)によっても相場は大きく変わりますが、ここ5年以内では約70万円で取引された事例があります。

南部鉄器の鉄瓶買取相場例
品物情報 買取相場
高橋萬治造鉄瓶(高さ:約16.8cm、幅:約14.6cm) 55万円
小泉仁左衛門造鉄瓶(高さ:約21.8cm、幅:約15.6cm) 15万円~20万円
菊文鉄瓶(高さ:約25.3cm、幅:約16.8cm) 4万円

他にも、鉄瓶の製造元なら「金龍堂」「金寿堂」など、作家なら「大國寿朗」「淡海秀光(亀文堂)」など様々で、既に廃業している製造元や逝去された作家も多いため、昔の鉄瓶は希少性が高いものも多いです。

鉄瓶の価値は基本的に「製造元」あるいは「作家」である程度絞られ、そこから装飾や状態などを見て買取価格が算出される場合が多いため、お持ちの鉄瓶が作家物だと分かっているだけでも高価買取が期待できます

ここが注意点!

作家物であることが分かっていたとしても偽物などの可能性もあり、状態によっても絶対に高く売れるわけではありません。

特に高価な鉄瓶は贋作の可能性も高くなり、事例としては、蓋の裏に”龍文堂”と銘を入れただけの贋作が多く作られたこともあります。

逆に、作家物だと特定できなくても高く売れる鉄瓶の可能性もあるので、鉄瓶の価値や買取価格が知りたい場合、骨董品買取業者の無料査定を活用することを推奨しています。

鉄瓶を高く売る為のコツと注意点

鉄瓶について買取価格・価値は高いの?

鉄瓶を高く売るための一番確実なコツは、やはり鉄瓶の相場をある程度把握しておくことに尽きます。

相場さえ把握しておけば、例えばネットオークションなどで個人売買を行うにしても、あるいは好みの買取業者へ売るにしても、不当に安い買取価格で売ってしまって損するケースは避けられるからです。

ただ、鉄瓶の価値を見るのはかなり難しく、やはり専門家でなければ不可能です。例え同じ作者であっても状態や装飾、展覧会出展歴、誰々所持などの歴史などによっても数十万円単位で買取価格が変わってきますし、買取業者ごとの鑑定判断の違いによっても価格は簡単に変わります。

鉄瓶の相場を知る簡単な方法としては、まず2社以上の骨董品買取業者に相見積もりを依頼し、買取相場と作家作品かどうかを把握する方法をおすすめしています。

ここが注意点!

買取で相見積もりを取る際の注意点としては、よくわからない骨董品買取業者に依頼するのはやめておいたほうが良いです。これはシンプルながらも一番注意しておきたいポイントです。

悪質な買取業者に当たってしまうと、どんな価値ある骨董品でもガラクタ扱いして無料同然の価格で買取しようとしてきますし、そもそもの鑑定眼があるかどうかも何とも言えません。

問い合わせ内容は使いまわし出来るので手軽かつ、複数に依頼すれば素人でも大体の買取相場を把握できます。誰でも簡単に鉄瓶の買取価値を知ることが出来ますし、さらに専門家からどういう作品なのかも教えてもらえるのでとてもおすすめの方法です。

さらに、買取業者ごとの買取価格差も大体把握でき、必然的に高く売れるようになりますので、骨董品買取において最も推奨している方法です。

鉄瓶の鑑定・売却のおすすめ業者は?

鉄瓶について買取価格・価値は高いの?

鉄瓶は茶道具としてだけでなく、かつては日用雑記としても使われていたため「家から古い鉄瓶が見つかった」という場合も多いです。

鉄瓶に興味がなければ、ただの価値のない古びたヤカンに見えるかも知れませんが、実は骨董品として高い価値が付く鉄瓶の可能性もあります。

知らないうちに価値の高い鉄瓶を捨ててしまったり、あるいはタダ同然で引き渡したりしてしまうと非常にもったいないので、当サイトでもおすすめの骨董品買取業者「福ちゃん」か「日晃堂」に無料相談をしてみる事をおすすめします!

  • 福ちゃん

    総合買取業者でありながら骨董品買取の専門性が非常に高い大手買取業者。買取価格・スタッフ対応・サービス内容全てにおいて最高水準な文句なしのおすすめ買取業者です。

  • 日晃堂

    美術史に関して研究していたほど造詣が深い方が社長を務めている事もあり骨董品に関する取り扱いが非常に優れており、骨董品に関する買取価格は福ちゃんに勝るとも劣らない程です。

鉄瓶の買取をしている業者は色々とありますが、こちらの二社を特におすすめしている理由は「買取価格・鑑定力・専門性・サービス対応」など骨董品買取に関する実績が特に優れていたからです。

特に、福ちゃんは焼物やアンティークにも精通している中尾彬さんと池波志乃さんがご夫婦でイメージキャラクターとして起用し、テレビCMなどのメディア展開、200万点をこえる買取実績数など、大手買取業者として信頼できるので、茶碗の買取で悩んでいれば福ちゃんに相談すれば間違いありません!

福ちゃんのおすすめポイントまとめ

  • 骨董品買取でも経験豊富な査定士が在籍
  • 骨董品買取サービスは完全無料で利用可能
  • 総合買取業者なので、幅広い不用品でもまとめて任せる事ができる
  • 実績豊富な大手買取業者の一社なので、大手としての安心感あり
  • 遺品丸ごとパックという独自サービスあり

福ちゃんの骨董品買取サービスのメリットを挙げればキリがありませんが、全国的に見てもここまで総合的に優れた骨董品買取サービスを提供しているのは福ちゃんの他にありません。

「鉄瓶の買取価格が知りたいだけ」といった、相談だけをしたい時も福ちゃんでは積極的に対応しています。

もしも、自宅で気になる鉄瓶が見つかってどうしようか悩んでいれば、とりあえず福ちゃんに相談して色々と教えてもらうとよいでしょう!

鉄瓶買取についてまとめ

鉄瓶買取についてまとめ

鉄瓶は日本独自の茶道具として発展し、近年では海外でもその価値が評価され、良い鉄瓶は数百万円単位で取引されることも多くなりました。

現在は国内だけでなく海外からも需要が高まり、鑑賞目的でコレクションする富裕層も居れば、良いお茶を入れるため・良いお湯を沸かすために実用目的で購入する方も多いです。

古そうな鉄瓶なら必ず価値があるというわけではありませんが、鉄瓶は 「有名メーカーの品」「作家物」などで評価されれば、錆びた鉄瓶1点でも数十万円の買取価格が付くことも珍しくありません

ただ、上述したように鉄瓶の価値や買取相場を見極めるのは難易度が高く、ネットオークションなどで自分で取引しようとすると、不当に安く売ってしまい束三文にもならなかったというケースもありますので、鉄瓶の売却の際は、信頼できる骨董品買取業者の力を借りることを推奨しています。

ページ上部へスクロール