骨董品買取ナビ

古い火鉢に価値はある?買取相場と鑑定ポイント、高く売る方法も解説

古い火鉢に価値はある?買取相場と鑑定ポイント、高く売る方法も解説
古い火鉢に価値はある?買取相場と鑑定ポイント、高く売る方法も解説

火鉢は昔に使われていた暖房器具で、現在はストーブ等の普及によってそれほど使われることはありませんが、火鉢は骨董品・インテリアとしての根強い需要があり、骨董品市場でも多くが取引されています。

骨董品・工芸品としての価値が評価される火鉢だと何万円という値段が付くことも多く、現に、テレビ番組なんでも鑑定団でも「大橋秋二」という作家の黄瀬戸火鉢に50万円という鑑定価格が付いています。

ただ、火鉢といっても価値はピンキリですので、このページでは火鉢の買取相場や鑑定価値、高く売れる火鉢の特徴や鑑定ポイントなども分かりやすく解説していきます。

ここがポイント!

火鉢の価値は見た目からでは分かりにくく、素人目では価値を見誤ってしまう可能性も非常に高いので、鑑定を100%自己判断に頼り切ってしまうのはおすすめしません

そのため、このページで得た鑑定情報と並行して「骨董品買取業者の無料メール査定」などを利用し、正しい価値を確認しておくことを推奨します。

当サイトでもおすすめの骨董品買取業者「福ちゃん」と「日晃堂」は完全無料にて相談・査定を受け付けているので、価値が気になる古い火鉢があれば、まずは相談してみることをおすすめします!

  • 福ちゃん

    総合買取業者でありながら骨董品買取の専門性が非常に高い大手買取業者。買取価格・スタッフ対応・サービス内容全てにおいて最高水準な文句なしのおすすめ買取業者です。

  • 日晃堂

    美術史に関して研究していたほど造詣が深い方が社長を務めている事もあり骨董品に関する取り扱いが非常に優れており、骨董品に関する買取価格は福ちゃんに勝るとも劣らない程です。

古道具の「火鉢」について

火鉢について買取価格・価値は高いの?

火鉢の用途は「炭を入れて使う暖房器具(あるいは調理器具)」ですが、その見た目は様々で、陶器や木製、金属製のものなど様々です。

「これって火鉢なの?」と思うような形のものも多いので、まずは「骨董品として比較的取引されやすい火鉢」を写真一覧で紹介していきます。

  • 関東長火鉢
    長火鉢
  • 関西長火鉢
    大名火鉢
  • 手あぶり火鉢
    手あぶり火鉢
  • 陶磁器製火鉢
    陶磁器製火鉢
  • 木製火鉢
    木製火鉢
  • 金属製火鉢
    金属製火鉢

高く売れる火鉢ってどんな火鉢?

ただ、「骨董品として高く売れる火鉢の条件」となると、上記のような火鉢の種類はそれほど関係ありません。

火鉢の鑑定ポイントは「作家物」「素材」「制作年代」など多岐に渡り、それらを複合的に見て価値が決定していきます。

そのため「有名な作家が作った火鉢」「金などの高級素材が使われている」「貴重な中国骨董だから」など高価買取に至るまでの理由も様々で、買取価格もそれぞれで大きく異なります。

ここが注意点!

火鉢は見た目からでは価値が分かりにくいので、「あまり価値がなさそう」「ただの古い火鉢に見えるけど…」という場合も、捨ててしまう前に一度はプロの意見を聞いておくことを推奨します。

例え価値がなさそうな骨董品に見えていたとしても、専門家が見れば高く売れるものだったというケースは非常に多いです!

「かつての大名の所持品だった」「有名な作家物の火鉢」などになると数十万円~100万円以上の鑑定価格が期待できるような火鉢もあるのですが、そこまで貴重な火鉢になると、そう滅多に見つかるものではありません。

ですが、例えば数万円単位で売れるような火鉢であれば、普通のお家の片付けなどで見つかる可能性も十分にあります。

現に、買取にあたって「捨てようと思っていたけど、試しに見てもらったら思ったより高く売れた」というケースは非常に多いです。

そのため、価値が分からない火鉢を持っている場合は、専門買取業者による無料相談やメール査定などを利用し、買取価値を確認しておくことをおすすめします。

では、ここからは「高額で売れる火鉢の鑑定ポイント」も踏まえつつ、具体的にどんな火鉢がどれくらいの買取価格になるのかも続けて紹介していきます。

火鉢の買取相場と価値について

ここからは、火鉢の買取相場と概要をまとめて紹介していきます。

陶器製火鉢

陶器製火鉢
買取相場
8万円~12万円
素材
陶器
状態
良好
作家
濱田庄司

火鉢には「陶器」で出来たものが非常に多く、瀬戸焼、信楽焼、伊万里焼など様々な焼き物にて作られ、陶芸家が手掛けた名作も数多く存在します。

陶器の火鉢では、基本的に「手あぶり火鉢」と呼ばれる直径30cm前後の丸形のものが多いのですが、炭火の熱に耐えられるよう頑丈な作りをしており、見た目の割には結構な重量があります。

こちらは「濱田庄司」という陶芸家が手掛けた火鉢で、古い作品ですので状態良好とまでは言えませんが、買取相場としてはおよそ8万円~12万円前後までが期待できる品です。

火鉢はある程度大型の作品に分類されるので、作家物だと他の小品よりも買取相場は高い傾向にあります。

作家物かも?と思う陶器の火鉢があれば、一緒に「共箱」「書付」などの有無もチェックしておくことを推奨します(※詳しくは「4つの鑑定ポイント」で紹介しています)。

木製火鉢(長火鉢)

木製火鉢(長火鉢)
買取相場
2万円~5万円
素材
木材
状態
傷み有
作家
不明

古い民家などで、上記のような「木製」の火鉢を見たことがあるかも知れません。

こうした木製の火鉢もかつては広く使われており、種類としては、木材をくり抜いて作られた「くり抜き火鉢」、箱として組み立てられた「箱火鉢」、小さなテーブルのように使うことが出来る「長火鉢」などに分けられます。

ひとくちに木製の火鉢と言えども、漆器や鎌倉彫で出来た工芸品の場合は「作家物」として分類される場合もありますし、紫檀や黒柿などの高級木材が使われていれば、素材の価値で買取価格が付く場合もあります

こちらは「関東長火鉢」あるいは「江戸火鉢」と呼ばれるタイプの品で、横や下部に引き出しが付いているのが特徴です。

経年の傷みはありますが、買取相場としてはおよそ2万円~5万円前後が期待できる品です。

もちろん状態や素材によっても買取価格は変わり、欅で作られた大きめの長火鉢で15万円程の買取価格が期待できる例もありますし、逆にもっと安い買取価格に留まる木製火鉢もあります。

金属製火鉢

真鍮製火鉢
買取相場
20万円~25万円
素材
金属(鉄)
状態
良好
作家
亀文堂(初代・波多野正平)

金属で出来た火鉢にも価値が高いものが多く、多くの金工家が優れた火鉢を手掛けています。

素材としては真鍮で出来たものが多いのですが、他にも銅や鉄で出来たものもあり、大半は底部分に重しが入っています。

こちらは「亀文堂」という鉄瓶屋が制作した古い火鉢で、買取相場としてはおよそ20万円~25万円前後までも期待できます。

”作家物の火鉢”というと陶磁器のイメージが強くなりますが、こうした金工の分野でも優れた作家は多く存在し、数十万円単位で取引されるような火鉢も多いです。

高く売れる火鉢を見分ける4つの鑑定ポイント

高く売れる火鉢を見分ける4つの鑑定ポイント

ひとくちに火鉢と言っても様々な種類が存在するうえ、鑑定で重要になるポイントはその品物ごとに違いますので、火鉢を鑑定して正しい買取価格を算出するのはかなり難しいです。

けれども「高く売れる火鉢かどうかをある程度判断する特徴」はありますので、素人でも分かりやすい鑑定ポイントを挙げながら、以下の4点に絞って紹介していきます。

高く売れる火鉢か判断する4つの鑑定ポイント

  • 火鉢に「鑑定書」が付いているか
  • 火鉢の「銘(サイン)」の有無
  • 箱と箱書きの確認
  • 火鉢と一緒に保管されている骨董品があるか

火鉢に「鑑定書」が付いているか

火鉢に「鑑定書」が付いているか

まず、火鉢に「鑑定書」が付いている場合は、かなり高い確率で買取価格が付く火鉢です。

骨董品における鑑定書とは、「第三者機関に鑑定を依頼」して「お金を払って発行してもらう」ものです。法人格や骨董商のオーナーまで発行機関は多数あるため、上記の鑑定書画像とは異なる場合も多いです。

鑑定書が付いていれば「第三者機関が鑑定を行い、品物の内容を保証している」という付加価値が付きますので、特に偽物・贋作が多い骨董品業界では重宝されやすく、比例して買取価格も高額が付きやすくなります。

また、鑑定書を発行してもらうにもお金が必要で、「わざわざお金を払ってでも鑑定書を付けておく価値がある」品物だということが言えますので、必然的に高価買取の期待値も上がります。

火鉢の「銘(サイン)」の有無

火鉢の「銘(サイン)」の有無

火鉢が作家物の場合は、底などの目立たない箇所に「銘」と呼ばれる作家の署名やサインが入っている場合が多いです。

作家物の火鉢かどうか判断したい場合は、まずは「銘の有無を確認」するのがポピュラーな方法です。

画像の銘は「則武(ノリタケ)」という日本の陶磁器ブランドが手掛けた古い火鉢のもので、かなり分かりやすい部類に入ります。

ただ、銘は「読めたらラッキー」といえるレベルで判読しづらいものが多く、例えば陶芸家の金重陶陽でも「土」「ト」など複数の窯印を使い分けていますし、そもそもが作家名とはかけ離れた印を採用している場合も多いです。

銘を見ただけで作家情報まで判断できるのは知識がある人でないとほぼ無理なので、まずは「銘があるかどうか」だけ確認しておけばOKです。

銘がある=作家物の火鉢である可能性は上がりますし、銘部分を撮影して骨董品買取業者のメール査定で質問すれば専門家の話を教えてもらえるので、無料査定で確認してみるのもおすすめです。

箱と箱書きの確認

箱と箱書きの確認

手あぶり火鉢などの小型の火鉢だと、「共箱」と呼ばれる木製の箱に入っている場合があります。

こうした共箱には作品名や作家名、あるいは作者のサインなどが書かれているものがあり、鑑定のヒントになる場合があります

そのため、火鉢に共箱が付いていれば内容を確認しておき、査定の際にも一緒に見せることをおすすめします。

プロの鑑定人になると、箱の見た目から逆算してある程度の制作年代を推定できる場合もあるので、こうした付属品があることでより深いレベルの査定が可能になることも多いです。

ただ、火鉢は大型で重いものも多く、最初から共箱がない場合も多いので、箱がなくてもそれほど気にする必要はありません。

火鉢と一緒に保管されている骨董品があるか

火鉢と一緒に保管されている骨董品があるか

意外と鑑定のヒントになるのが「火鉢と一緒に保管されている骨董品があるか」という点です。

例えば、中国骨董のコレクションの中に火鉢が紛れていたのであれば、その火鉢も中国骨董である可能性が浮上します。特定の焼き物や作家物をコレクションしている場合も同様です。

また、火鉢には様々な種類のものがあるのですが、茶道で使う小型の火鉢は「瓶掛」といい、瓶掛がある=その他の茶道具も所持しているケースが多いです。

中国骨董や茶道具の中にも骨董品として価値が高いものが多く存在するため、一緒に査定に出すことでトータルで買取価格が上がる可能性も高いです。


ここがポイント!

上述のポイントに当てはまる火鉢でも、偽物や贋作などの可能性も挙げられるため、絶対に高く売れると保証できるわけではありません。

逆に、上記のポイントに1つも該当していなくても、高く売れる火鉢である可能性もあります。

また、作家の銘に関してですが、例えば有名な陶芸家の「濱田庄司」は、作家として呼ばれることを好んでいなかったため、敢えて作品には銘を入れていないものが多いです。

そのため「銘がない=価値がない」というわけではなく、実際にプロに見てもらうまで本当の価値が分からないことは多いです。

火鉢を高く売る為のコツと注意点

火鉢について買取価格・価値は高いの?

火鉢を高く売るための一番良いコツは、やはり「お持ちの火鉢の相場をある程度把握しておくこと」に尽きます。

相場さえ把握していれば、例えばヤフオクやメルカリなどの個人売買を行うにしても、好みの買取業者へ売却するにしても、不当に安く売ってしまって損するようなケースは避けられるからです。

ただ、火鉢の鑑定は非常に難しく、さらに「作家物」「希少価値」「素材」など高価買取に至る理由も様々ですので、素人では正しい価値を見極めるのはほぼ不可能です。

そのため、素人でも簡単に火鉢の買取相場を把握する方法として、まず2社以上の骨董品買取業者にメール査定を依頼して、買取相場と作品詳細を把握する方法をおすすめしています。

メール査定なら自宅に居ながら簡単に買取相場が把握できますし、写真を撮影して送るだけですので、詳細が全く分からない火鉢でも簡単に査定してもらうことが出来ます。

ここがポイント!

どうして「2社以上の骨董品買取業者へメール査定」を推奨するのかというと、骨董品のような相場が不明瞭な品物の場合、「複数の買取業者で買取価格を比較しておく」ことで、高く売れる可能性が上がるからです。

問い合わせ内容は使い回しできるので手間も掛かりませんし、実際に買取に出すときも、一番高く売れる買取業者が簡単に分かります。

火鉢の鑑定・売却のおすすめ業者は?

火鉢について買取価格・価値は高いの?

火鉢は今の生活ではなかなか使うことがない古道具ですが、骨董品・美術品として需要があるものも多く、高額な火鉢になると100万円以上で取引されるようなケースも多々あります。

もちろん、そこまで高額な火鉢になるとなかなか見つかる機会はありませんが、例えば数万円単位で売れるような火鉢であれば、普通の家庭の物置などに眠っている可能性も十分にあります。

火鉢などの古道具や骨董品の類には高値で取引される品物も多いので、本来の価値を知らないまま捨ててしまったり、高く売れる火鉢だったのにタダ同然で処分してしまうのは非常にもったいない話です。

買取価値が知りたい火鉢があれば、まずは下記で紹介する骨董品買取業者「福ちゃん」か「日晃堂」の無料相談を利用して、価値を明らかにしておくことをおすすめします。

  • 福ちゃん

    総合買取業者でありながら骨董品買取の専門性が非常に高い大手買取業者。買取価格・スタッフ対応・サービス内容全てにおいて最高水準な文句なしのおすすめ買取業者です。

  • 日晃堂

    美術史に関して研究していたほど造詣が深い方が社長を務めている事もあり骨董品に関する取り扱いが非常に優れており、骨董品に関する買取価格は福ちゃんに勝るとも劣らない程です。

火鉢の買取をしている業者は色々とありますが、こちらの二社を特におすすめしている理由は「買取価格・鑑定力・専門性・サービス対応」など骨董品買取に関する実績が特に優れていたからです。

特に、福ちゃんは焼物やアンティークにも精通している中尾彬さんと池波志乃さんがご夫婦でイメージキャラクターとして起用し、テレビCMなどのメディア展開、200万点をこえる買取実績数など、大手買取業者として信頼できるので、茶碗の買取で悩んでいれば福ちゃんに相談すれば間違いありません!

福ちゃんのおすすめポイントまとめ

  • 骨董品買取でも経験豊富な査定士が在籍
  • 骨董品買取サービスは完全無料で利用可能
  • 総合買取業者なので、幅広い不用品でもまとめて任せる事ができる
  • 実績豊富な大手買取業者の一社なので、大手としての安心感あり
  • 遺品丸ごとパックという独自サービスあり

福ちゃんの骨董品買取サービスのメリットを挙げればキリがありませんが、全国的に見てもここまで総合的に優れた骨董品買取サービスを提供しているのは福ちゃんの他にありません。

「火鉢の買取価格が知りたいだけ」といった、相談だけをしたい時も福ちゃんでは積極的に対応しています。

もしも、自宅で気になる火鉢が見つかってどうしようか悩んでいれば、とりあえず福ちゃんに相談して色々と教えてもらうとよいでしょう!

火鉢買取についてまとめ

火鉢買取についてまとめ

火鉢は現在ではあまり使うことのない古道具ではありますが、骨董品として高額で取引されるような品物も多く、中には数十万円~100万円以上の値が付く貴重品も存在します。

そこまで高額な火鉢が出てくることは稀ですし、古い火鉢なら必ず価値があるというわけでもないのですが、査定を受けた結果「有名な作家物」「古い中国骨董」などと判明すれば、使っていない古い火鉢に数万円~数十万円の買取価格が付く可能性も十分にあり得る話です。

ただ、火鉢の鑑定は非常に難しく、価値を自己判断した結果、本来の価値とはかけ離れた価格で売ってしまう可能性もあります。

また、ネットオークションなどで個人売買を行う場合も同様で、間違った価値や作品情報で売却してしまうと、相応の責任が求められる可能性も出てきます。

そのため、買取価値を調べたい火鉢をお持ちであれば、まずはメール査定などを利用して信頼できる骨董品買取業者へ相談することをおすすめします!

ページ上部へスクロール