骨董品買取ナビ

象牙の「牙(一本物)」はいくらで売れる?買取相場とおすすめ買取業者

象牙の「牙(一本物)」はいくらで売れる?買取相場とおすすめ買取業者
象牙の「牙(一本物)」はいくらで売れる?買取相場とおすすめ買取業者

象牙の「牙」とは、象牙の原型を留めた状態のものを指します。「一本物」と呼ばれることもあり、長生きしていた象の牙だと1本で100キロを超えることもあります。

象牙は極めて貴重な素材なので、この「牙(一本物)」も高価買取に至る例が多く、1本あたりで数十万円単位の買取価格が付くことも全く珍しくありません。

ただ、牙のような”原型をとどめた状態の象牙”の場合、買取できる業者が限られますし、査定や買取価格の算出方法も複雑になります。

そのため、このページでは”牙の状態(一本物)”の象牙の買取相場と価値、鑑定方法や、実際の売却方法まで詳しく紹介していきます。

ここがポイント!

象牙は極めて価値が高いため、うまく作られた偽物や贋作も数多く存在し、たとえ本物の象牙であったとしても、既に中身がくり抜かれた空洞だったり、代わりに重しが詰められているケースもあります。

そのため、このページで紹介する買取情報と並行して、骨董品買取業者の無料メール査定などを利用し、プロの目から見た正しい価値も知っておくことをおすすめします。

当サイトでもおすすめしている骨董品買取業者「福ちゃん」と「日晃堂」なら、完全無料で相談・査定・買取まで受け付けているので、もし価値が気になる象牙があれば相談する事をおすすめします!

  • 福ちゃん

    総合買取業者でありながら骨董品買取の専門性が非常に高い大手買取業者。買取価格・スタッフ対応・サービス内容全てにおいて最高水準な文句なしのおすすめ買取業者です。

  • 日晃堂

    美術史に関して研究していたほど造詣が深い方が社長を務めている事もあり骨董品に関する取り扱いが非常に優れており、骨董品に関する買取価格は福ちゃんに勝るとも劣らない程です。

象牙の「牙(一本物)」について

象牙の「牙(一本物)」について買取価格・価値は高いの?

象牙の「牙(一本物)」とは、原型を留めたままの状態の象牙のことを指します。

象牙は素材としての価値があるので、加工前の大きな牙は希少価値が高く、骨董品買取においても高価買取に至る例が多いです。

見た目は様々な状態に加工されてはいますが、下記のように、基本的に”原型をとどめている”ものであれば「牙(一本物)」と考えていてOKです。

  • 原木
    原木
  • 磨き牙
    磨き牙
  • 牙彫刻
    牙彫刻

高く売れる牙(一本物)ってどんなもの?

実は上記のような「牙(一本物)の種類」は、高く売れる要素かどうかはそこまで関係ありません。

象牙の牙の買取において最も大切な項目は、「象牙の重量」です。

基本的に「重量×1kgあたり」の単価になり、象牙本体が大きく重くなるほど、1kgあたりの単価も高額になっていきます。

象牙は「素材としての価値」が評価されるため、基本的に金・銀などと同じように「重量単位」で買取価格が決定します。

ただ、金や銀と違う点としては「再形成ができない」という点が挙げられ、一度小さくカットしてしまうと再び戻すことは出来ませんので、そうした点でも大きな牙(一本物)の希少価値は高いです。

ここが注意点!

ヤフオクやメルカリなどでは既に全ての象牙取引が禁止されているため、象牙を売る際は買取業者へ依頼するのが最もメジャーな方法です。

また、原型を保った象牙、いわゆる「牙(一本物)」の取引は、「特定国際種事業者」の登録が済んでいる業者でなければ行えません!

(ここで紹介している買取業者「福ちゃん」と「日晃堂」は、既に特定国際種事業者の登録が済んでいます。)

象牙の牙(一本物)は、移動させるだけでも一苦労なほど大きくて重いものが多いのですが、買取価格は重量が大切で、基本的に「重ければ重いほど高価買取」が期待できます。

象牙は希少価値がかなり高い素材ですので、象牙の牙(一本物)を持っている場合、まずは専門業者による無料相談や無料査定を活用し、買取価格を確認することをおすすめします。

重量によっては100万円近い買取価格も十分期待できるほどになりますし、実際に売る際も骨董品買取業者の無料出張買取を利用すれば、運び出しから買取まで無料で全てお任せできるので「自分ひとりでは動かせない」ような重たい象牙の買取も簡単・スピーディに完了します。

では、ここからは具体的にどんな牙(一本物)がどれほどの買取価格になるのかも続けて紹介していきます。

象牙の「牙(一本物)」の買取相場と価値について

ここでは、象牙の買取事例として「牙(一本物)」概要と相場をまとめて解説していきます。

象牙(一本物) 原木

象牙(一本物) 原木
買取相場
14万円~16万円
状態
原木
全長
約110cm
重量
11.2kg

こちらはアフリカゾウの「原木」状態の象牙です。

原木とはまだ磨かれていない状態の象牙のことを指し、画像のように茶色の状態になっています。

「あまり綺麗じゃなさそうだし、もしかして減額の対象になる?」と思われるかも知れませんが、原木状態だからといって買取価格が低くなるようなことはありません。

買取価格は象牙の状態(ダメージや詰め物の有無)によっても変わりますが、こちらの象牙原木の場合、買取相場としてはおよそ14万円~16万円前後が期待できます。

象牙(一本物) 磨き牙

象牙(一本物) 磨き牙
買取相場
21万円~25万円
状態
磨き牙
全長
約155cm
重量
16.5kg

こちらは「磨き牙」という状態の象牙です。上記の原木を磨いて綺麗にするとこのような状態になり、白くつるつるした手触りになります。

象牙は経年によって黄ばんでくることが多いので、実際には画像のものよりももう少し黄色くなった状態のものが多いです。

原木と磨き牙の価値は大体同じで、こちらもダメージがあったり詰め物がされていたり等の理由でない限り、減額になるケースはあまりありません。

こちらの磨き牙の一本物の場合、買取相場としてはおよそ21万円~25万円前後が期待できます。全長が150cm以上と非常に大きく、価値の高い象牙です。

象牙(一本物) 彫刻

象牙(一本物) 彫刻
買取相場
6万円~8万円
状態
彫刻
全長
約105cm
重量
約6kg

牙(一本物)の買取で注意しておきたいのが、「彫刻」の場合です。彫刻の場合も、画像のように”原型を保った状態”のものは「牙(一本物)」として扱われます。

象牙の価値は重量で決まるので、彫刻になると重量が少なく、全体的な相場としてもやや下がることが多いです。

こちらは重量が約6kgの牙彫刻で、買取相場としてはおよそ6万円~8万円前後までが期待できる品物です。

ただ、彫刻の中には作家物や美術品としての価値が評価されるものがあるため、象牙の相場以上のプラス査定になる可能性もあります。

象牙の「牙(一本物)」を買取に出すときのポイントと注意点

象牙の「牙(一本物)」を買取に出すときのポイントと注意点

ここでは、象牙の「牙(一本物)」を買取に出す際のポイントと注意点をまとめました。

象牙の「牙(一本物)」を買取に出す際のポイントと注意点

  • ヤフオクやメルカリでは象牙は売れない!
  • 買取は「特定国際種事業者」の登録が済んでいる買取業者で行う
  • 重くて持ち運べない「牙(一本物)」の場合は出張買取を利用する
  • 「牙(一本物)」の買取には登録証が必要

ヤフオクやメルカリでは象牙は売れない!

ヤフオクやメルカリでは象牙は売れない!

まず最初に注意点として、象牙はヤフオクやメルカリでは売れないということを念頭に置いておく必要があります。

ヤフオクとメルカリでは、象の個体保護のために全ての象牙製品の出品を禁止しています。牙(一本物)の出品はもちろん、小さなカットピースの象牙なども出品することが出来ません。

ですので、象牙製品を売る際は買取業者の利用がメジャーな方法になっています。

買取は「特定国際種事業者」の登録が済んでいる買取業者で行う

買取は「特定国際種事業者」の登録が済んでいる買取業者で行う

象牙製品を売る際には買取業者を利用しますが、あらかじめ「特定国際種事業者」として登録されている買取業者でなければ買取できません。

どんな小さな象牙製品であっても、象牙を使った製品を買取する業者は「特定国際種事業者」の登録が必要です。

このページで紹介している骨董品買取業者「福ちゃん」と「日晃堂」なら、既に特定国際種事業者の登録が済んでいますので、象牙の買取もOKです。

重くて持ち運べない「牙(一本物)」の場合は出張買取を利用する

重くて持ち運べない「牙(一本物)」の場合は出張買取を利用する

象牙の「牙(一本物)」の場合、数十kg単位に至る非常に重たい品物も多く、持ち運びも困難です。

その場合は骨董品買取業者の無料出張買取を利用すると、査定から運び出しまで全て買取業者が行ってくれます。もちろん費用も掛かりませんので、重たい象牙の場合は出張買取の利用がおすすめです。

また、象牙の場合は重量が買取価格に影響してきますが、「象牙が重くて重量が測れない」という場合も、あらかじめ骨董品買取業者の無料メール査定を利用しておけば、添付した写真から大体の価値の目星も付けてもらうことが出来ます。

(ただ、正確な買取価格は実査定ありきなので、あくまでメール査定で分かるのは概算での買取価格です。)

「牙(一本物)」の買取には登録証が必要

「牙(一本物)」の買取には登録証が必要

牙(一本物)のような”原型を保った象牙(全形を保持した象牙)”を売る場合は「登録証」が必要です。

登録票の正式名称は「国際希少野生動植物種登録票」といい、登録票が付いている象牙は既に機関に登録された品ということになります。

既に登録証がある場合はそのまま買取できますが、登録証が手元にない場合は申請・取得しなければいけないので、骨董品買取業者の無料メール査定の際に「登録証はない」旨を伝えておくことをおすすめします。

骨董品買取業者に質問すれば手続き方法も丁寧に教えてくれますので大丈夫です。

ここがポイント!

このように、象牙の「牙(一本物)」を売りたい場合は色々気を付けるべき点がありますが、基本的に骨董品買取業者が力になってくれることが多いので、さほど心配しなくても大丈夫です。

このページで紹介している骨董品買取業者「福ちゃん」と「日晃堂」は、既に特定国際種事業者の登録が済んでいますし、追加費用なしで出張買取も行ってくれます。

象牙の「牙(一本物)」を高く売る為のコツと注意点

象牙の「牙(一本物)」を高く売る為のコツと注意点

象牙の「牙(一本物)」を高く売る方法としては、まず「象牙の相場をある程度把握しておく」のが最も良い方法です。

相場さえきちんと把握できていれば、どの買取業者を利用しても、不当に安く売ってしまって損するケースは避けられるためです。

ただ、象牙の価値を見極めるのは非常に難しく、古くから偽物・贋作も多く出回ってきましたし、牙(一本物)の場合も「中をくり抜いて重しを入れている」など、見た目だけでは分からない点が数多くあるため、やはり専門家でなければ正確な査定は難しいです。

そこで、素人でも簡単に象牙の買取相場を知る方法として、まず2社以上の骨董品買取業者にメール査定を依頼し、買取相場を把握する方法をおすすめしています。

無料メール査定を利用すれば簡単・手軽に象牙の買取相場を知ることが出来ますし、問い合わせフォームには写真も添付できるので、難解な専門用語なしに簡単に現状やダメージの具合なども伝えることが出来ます。

メール査定を利用したからといって絶対に売らなければいけないというわけではないので、まずはメール査定でおおよその価値を知って、そこから実際に売るかどうかを判断することをおすすめしています。

ここがポイント!

どうして「2社以上の骨董品買取業者にメール査定を依頼」することを推奨しているのかというと、象牙の買取価格は一律ではなく、買取業者によっても大きく変動するためです。

鑑定のレベルも業者によってかなり違ってきますので、あまり査定に自信がない業者だと偽物リスクを考慮して低い買取価格を出さざるを得ませんし、逆に査定に自信がある業者なら価値に見合った買取価格を提示してくれます。

また、買取業者ごとの在庫状況や流通ルートなども買取価格に影響してきますので、「複数の買取業者で相見積もり」を取っておくことで、必然的に一番高く売れる買取業者が分かります。

問い合わせ内容は使いまわし出来るので手軽ですし、買取業者ごとの買取価格差も大体分かるので、骨董品買取においては「複数の買取業者へ問い合わせる」という方法を最も推奨しています。

牙(一本物)の鑑定・売却のおすすめ業者は?

牙(一本物)について買取価格・価値は高いの?

象牙の「牙(一本物)」は、ヤフオクやメルカリでは売れず、さらに特定国際種事業者の登録が済んだ買取業者でなければ行えませんが、以下で紹介する「福ちゃん」と「日晃堂」なら問題なく買取可能です。

また、福ちゃんと日晃堂では「価値ある古いもの」の査定を得意としていますし、クーリングオフ対応・お客様相談室の設置など安心への配慮も徹底していますので、買取が初めての方でも安心して依頼できます。

象牙は非常に価値が高い素材で、本来の価値を知らないままに安値で処分してしまうと非常にもったいないので、まずは当サイトでもおすすめの「福ちゃん」か「日晃堂」に無料相談してみることをおすすめします。

  • 福ちゃん

    総合買取業者でありながら骨董品買取の専門性が非常に高い大手買取業者。買取価格・スタッフ対応・サービス内容全てにおいて最高水準な文句なしのおすすめ買取業者です。

  • 日晃堂

    美術史に関して研究していたほど造詣が深い方が社長を務めている事もあり骨董品に関する取り扱いが非常に優れており、骨董品に関する買取価格は福ちゃんに勝るとも劣らない程です。

牙(一本物)の買取をしている業者は色々とありますが、こちらの二社を特におすすめしている理由は「買取価格・鑑定力・専門性・サービス対応」など骨董品買取に関する実績が特に優れていたからです。

特に、福ちゃんは焼物やアンティークにも精通している中尾彬さんと池波志乃さんがご夫婦でイメージキャラクターとして起用し、テレビCMなどのメディア展開、200万点をこえる買取実績数など、大手買取業者として信頼できるので、茶碗の買取で悩んでいれば福ちゃんに相談すれば間違いありません!

福ちゃんのおすすめポイントまとめ

  • 骨董品買取でも経験豊富な査定士が在籍
  • 骨董品買取サービスは完全無料で利用可能
  • 総合買取業者なので、幅広い不用品でもまとめて任せる事ができる
  • 実績豊富な大手買取業者の一社なので、大手としての安心感あり
  • 遺品丸ごとパックという独自サービスあり

福ちゃんの骨董品買取サービスのメリットを挙げればキリがありませんが、全国的に見てもここまで総合的に優れた骨董品買取サービスを提供しているのは福ちゃんの他にありません。

「牙(一本物)の買取価格が知りたいだけ」といった、相談だけをしたい時も福ちゃんでは積極的に対応しています。

もしも、自宅で気になる牙(一本物)が見つかってどうしようか悩んでいれば、とりあえず福ちゃんに相談して色々と教えてもらうとよいでしょう!

象牙の「牙(一本物)」の買取についてまとめ

象牙の「牙(一本物)」の買取についてまとめ

象牙は素材としての価値が非常に高く、さらに重量が重く大きい象牙ほど価値が評価されやすいです。

そのため、原型を保った「牙(一本物)」は高価買取に至る例も非常に多く、1本あたり数十万円単位の買取価格が付く可能性も十分にあります。

象牙の売却はヤフオクやメルカリでは行えませんし、特定国際種事業者登録済の業者を利用する必要があるなど色々制約もありますが、それは良くも悪くも、昔から象牙の価値の高さが注目されてきたゆえの流れですし、そのぶん希少な素材だということが言えますので、買取価格も期待できます。

象牙の牙(一本物)の買取なら、まずは骨董品買取業者の無料メール査定などを利用して気軽に価値を確認してみることをおすすめします。

ページ上部へスクロール